モダンOSのお砂場 投稿順index

(1) Mbed、スレッド、セマホ、イベント、割り込み Arm社のWeb開発環境Mbed、開発環境を支えているのはRTOSです。Web開発環境を使えば速攻使えるRTOS、これぞモダンOS。

(2) Micro:bit について ちと調べてみた 教育用と銘打って販売されているMicro:bitですが、さすが女王陛下を頂く大英帝国のマシン、実は奥深い。

(3) Micro:bitとDroidScriptその1 Micro:bitのブロックエディタの裏側で動作しているのはJavaScript。Android機の上でJavaScriptでGUIを含むプログラムをセルフ開発できるDroidScript。となれば、2つをBluetoothで接続して動かすしかない。

(4) Micro:bitとDroidScriptその2 前回楽勝で連動した、Micro:bitとアンドロイドスマホ上のDroidScriptですが、実はまぐれに近かった?

(5) Micro:bitとDroidScriptその3  グラフィカルな環境でMicro:bit上で動作するBLE通信アプリを作り、スマホ上のBluetoothシリアル通信アプリと通信してみました。

(6) FreeRTOS、Windows上で練習 FreeRTOS、お世話にはなっているのですが、マイコンのFlashに書き込まずにちょっと練習してみたい。そんなときはWindows上で「動く」カーネルを。

(7) FreeRTOS kernelとAmazon FreeRTOS おなじFreeRTOSといっても、カーネル部分と、それに「一皮被せた」Amazon FreeRTOSでは大分雰囲気違う…

(8) M5StickV、MicroPython MicroPythonは言語処理系ですが、ぶっちゃけ、マイコンを制御する場合には「モダンOS」の範疇に限りなく近い存在。

(9) MicroPython、ファイルにアクセス  M5StickV上のMicroPythonで、内蔵FlashとmicroSDカードのファイルにアクセスするためにちょっと細工を施しました。モダンじゃないけれども楽ちん?

(10) MicroPython、モジュールとhelp  M5StickV上のMicroPython+MaixPyのドキュメントとhelp()について。

(11) MicroPython、GPIO入出力  GPIOを使ってM5StickVのLEDとキーを制御。

(12) M5StickC、UIFlowとMicroPython 今度はM5StickC、ESP32コアの機種です。MicroPythonですが、グラフィカルな開発環境UIFlowを使ってみます。

(13) M5StickC、UIFlowとprint()   グラフィカルでWebベースの開発環境UIFlowを使わせていただいとりますが、print()は使える?使えます。

(14) M5StickC、MicroPython REPL  M5StickC上のMicroPythonのREPLへ直接MicroPythonのスクリプトを送り込み、中身を少し調べてみました。

(15) FreeRTOSでBLEアドバイタイズ PlatformIOのお陰でESP-IDFが使えるようになったので、サンプルプログラムをビルドっと。が、ボタンを押す前によく見てね。

(16) FreeRTOS、BLEサンプルコードを読む 前回動かしたサンプルコードを眺めながら、ESP-IDFとFreeRTOSを学んでいきたいと思います。それにしても、VS Code便利だな。