鳥なき里のマイコン屋(120) RP2040搭載、Raspberry Pi Pico到着予定

RP2040
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

少し前に Raspberry Pi Pico 入荷お知らせメールを貰った翌朝、通販サイトへ行ったらば売切れていた、と書きました。今でも品薄は続いているようです。しかし、別ルートで「正常価格」で入手できそうだったので注文してしまいました。多分、本日到着の筈。待望の現物入手ということで、ついフライングで搭載マイコン RP2040 について書いてしまいました。

“鳥なき里のマイコン屋(120) RP2040搭載、Raspberry Pi Pico到着予定” の続きを読む

AIの片隅で(24) EDGE IMPULSE、最初の一歩、スマホでやってみた、即登録

EdgeImpulseMobilePhoneDataCollection
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

最近「EdgeデバイスでAI」ネタでちょくちょくお目にかかるのが EDGE IMPULSEというものです。Edgeデバイス=マイコン用のAIアプリを「生成」してくれるWebサービスのようなものみたい。半信半疑で「ゲストでお試し」やってみました。確かに簡単。マイコン用にデプロイしてみるために即登録。

“AIの片隅で(24) EDGE IMPULSE、最初の一歩、スマホでやってみた、即登録” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(119) M5Stack、FreeRTOS機能使って周波数カウンタ

Frequency Counter DUT
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

今回、M5Stack Grayを使って、外部から入力される信号の周波数(せいぜい数kHzくらい)を測定したかったのであります。しかし、Arduino環境で以前使ったことがある周波数カウンタのライブラリ、AVR用でした。M5Stackでは使えません。M5Stack用のタイマライブラリで自力更生とも考えましたが、別シリーズでFreeRTOSの「タイマ」使ったのを思い出しました。今回はFreeRTOS機能を使ってみます。 “鳥なき里のマイコン屋(119) M5Stack、FreeRTOS機能使って周波数カウンタ” の続きを読む

お手軽ツールで今更学ぶアナログ(33) ADI曰く、ノイズとは「忍耐」と見つけたり、らしい

resistor
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

今回読ませていただくのは、アナデバ社(ADI社)のWeb記事、StudentZoneの2017年6月号でございます。開設から順番に全部読む(宿題もやる)と決めたので、早く回路実験ができる2017年末号へ到達しないかと気は焦りつつ、今週の進捗は1か月分。「忍耐」が説かれていたのでありますよ。

“お手軽ツールで今更学ぶアナログ(33) ADI曰く、ノイズとは「忍耐」と見つけたり、らしい” の続きを読む

IoT何をいまさら(84) Eddystoneパケット、Wiresharkで表示フィルタ

Adafruit BLE sniffer
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

別シリーズで micro:bit を使って EddystoneプロトコルのBLE Beasonを「動かして」みています。ビーコンからの電波を受けるツールとしてはスマホアプリを使用。しかし開発用としてはPC上のWiresharkの方がいいかも。キャプチャされる大量のBLEパケットに溺れてしまわないように、今回はWiresharkのBLE関係表示フィルタについて調べてみました。

“IoT何をいまさら(84) Eddystoneパケット、Wiresharkで表示フィルタ” の続きを読む

連載小説 第31回 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出

Maiko Yonbito
Momoe Sakurada
ペンネーム
桜田モモエ

<これまでのあらすじ> サイコーエジソン株式会社IC海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。わけあって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを海外に売っています。時は1989年。昭和も平成へと移り変わり、バブル真っ盛りです。

 

“連載小説 第31回 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出” の続きを読む

ブロックを積みながら(12) EddystoneでBLEビーコン、スマホアプリ作成第一歩

dump Eddystone
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

前回はEddystone使ってmicro:bitをBLEビーコン化してみました。ビーコンのスキャンは「出来合い」のスマホアプリです。しかしビーコン使ってそれらしい「アプリもどき」を作るとなれば、自前のプログラムでEddystoneのパケットを解読できないとなりません。そこでDroidScriptで「アプリもどき」を作成。とりあえずmicro:bitからのパケットを「近くにいる」時だけ取り出したいです。

“ブロックを積みながら(12) EddystoneでBLEビーコン、スマホアプリ作成第一歩” の続きを読む

モダンOSのお砂場(22) FreeRTOS、ソフトウエアタイマAPIでワンショット

FreeRTOS_SoftTimer
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

前回はMutex排他制御でしたが、今回はソフトウエアタイマAPIであります。ソフトウエアタイマというと自前でループで回る「あれ」をつい想像してしまいますが違います。RTOSです。ちゃんとOSが面倒を見てくれる「タイマ」です。ある意味ハードウエアのリソースの制限が無い分、使いやすくもあるもの。 “モダンOSのお砂場(22) FreeRTOS、ソフトウエアタイマAPIでワンショット” の続きを読む

ブロックを積みながら(11) micro:bit、EddystoneでBLE Beaconを

BBC micro:bit Eddystone UID
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

前回前々回とBBC micro:bit上で実行可能なBluetoothサービスをスマホから使ってみました。今回からは「垂れ流し」「一方通行」のアドバタイズ・パケットに戻ってBLEのローレベルな動作を観察したいと思います。「ブロックを積み」はするのですが、ブロック1個おけばとりあえずOKっと。最近そればかり。

“ブロックを積みながら(11) micro:bit、EddystoneでBLE Beaconを” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(118) M5ATOM Lite、UART、I2C接続

ATOM Lite UART I2C
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

前回、M5Stack社の超小型無線マイコンボード ATOM Liteの拡張端子について、デジタル、アナログの入出力ピンとしての動作を確認しました。今回は、UARTおよびI2Cインタフェースが使用できることを確かめたいと思います。兄弟品種?のM5StickC よりも大分使いやすい気がいたします。 “鳥なき里のマイコン屋(118) M5ATOM Lite、UART、I2C接続” の続きを読む