部品屋根性(12)HM628128、炙ってみた

HM628128
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

さて別シリーズの「驚愕の一冊」に触発されて、早速、デバイスを1個「炙って」みました。炙ったのは約30年以上前の1MビットSRAM 日立製HM628128です。最近のチップは微細な上に、ウエファを削って厚みもヘロヘロになっているものが多いので上手く取り出せない恐れあり。しっかりした厚みのあるウエファであって、かつ、結構チップサイズのデカイ、立派なチップ、ということで選ばせていただきました。

“部品屋根性(12)HM628128、炙ってみた” の続きを読む

Literature watch returns(21) 秋田純一著、揚げて炙ってわかるコンピュータのしくみ

Fry and Roast
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

本連載、基本、紙媒体の御本は購入させていただいているのですが、今回は近傍の(田舎な)図書館の「新刊書」コーナーにて発見、思わず借りて即日読み切ってしまいました。著者の秋田純一先生は金沢大の教授だそうですが、末尾に「好きなプロセスは、CMOS0.35μm」と公言されている方です。技術評論社「2020年9月1日初版第一刷発行」

“Literature watch returns(21) 秋田純一著、揚げて炙ってわかるコンピュータのしくみ” の続きを読む

連載小説 第7回             4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出

ItohTakamitsu
ペンネーム    桜田ももえ

<これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIを内蔵している新人OLです。心理学科卒の文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。どうやら、この会社は4ビットマイコンを開発中らしいです。時代は1980年、ゲームウォッチが流行り始めた頃でした。

“連載小説 第7回             4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出” の続きを読む

部品屋根性(11) DHT11、温湿度センサ

DHT11 Sensor
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

充実の?中華部品キットKuman K4の箱に入っている部品を端から、RISC-V搭載32ビットMCU「GD32VF103で動かしてみて」おります。今回は温湿度センサーDHT-11です。これはメジャー、怪しくない。ただ、Arduinoであればライブラリあり、関数呼べば1発ですが、GD32-SDKではそうはいかないです。とりあえず簡単なドライバ関数を自作して動作を確かめます。 “部品屋根性(11) DHT11、温湿度センサ” の続きを読む

お手軽ツールで今更学ぶアナログ(23) M1Kで特性測りましたっ。

Zener 3v6 特性 M1Kで測定
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

昨日は、「パッケージリストに書いてある部品と違う」ということで盛り上がってしまって?いい加減な動作だけで「違う」と断定してしまいました。「違う」のは「違う」のだけれど、ちゃんと特性を見ておきたい。それに、だいたいの降伏電圧が3.6Vと分かったので、ADALM1000(以下M1K)の出番がやってきた、ということでもあります。M1Kなら一撃で特性測れる筈。

“お手軽ツールで今更学ぶアナログ(23) M1Kで特性測りましたっ。” の続きを読む

お手軽ツールで今更学ぶアナログ(22) Zenerダイオードの闇??

1N914 1N3064 Zener PHC3V6
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

このところ「抵抗1本で」思いのままに電圧を作れたり、周波数を作れたりするデバイスなど便利なものばかりを取り上げております。これでは「今更学ぶ」ことにならないだろーということで、「初心に帰って」プリミティブな回路に立ち戻って実験することにいたしました。ツエナーダイオードで電圧を「レギュレート」する、と。しかし、思いもかけずそこに闇がありましたぜ。

“お手軽ツールで今更学ぶアナログ(22) Zenerダイオードの闇??” の続きを読む

連載小説 第6回             4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出

ItohTakamitsu
ペンネーム    桜田ももえ

 

 

 

 

 

 

<これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAI内蔵の新人OLです。心理学科卒文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。どうやら、この会社は4ビットマイコンを開発中らしいです。

“連載小説 第6回             4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出” の続きを読む

部品屋根性(10) PMOS, BSS84でアノードドライバ

JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

前回の4桁7セグLEDのダイナミック駆動の時のブレッドボード、ジャンパ線が多すぎて肝心のLEDすら見苦しかったです。今回はそのフォローということで、「治具」をこさえて多少見やすくしてみました。それだけでは進歩?が無いので、アノードコモンの端子をマイコンの直接駆動から、PMOS-FET駆動に変更してみました。使用したのは別シリーズでBB化した部品が手元にあるBSS84トランジスタであります。 “部品屋根性(10) PMOS, BSS84でアノードドライバ” の続きを読む

部品屋根性(9) 7セグLED、割り込みでダイナミック駆動

4桁 7セグメントLED
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

毎度毎度、馬鹿なバグがお約束になっておりますが、へい、今回もやってしまいました。もうデバイスを疑ったりしませんよ、みんな自分が悪いのです。自分で作ってしまうのだけれど、自分では予想していないもの、バグです。さて前回は一桁の7セグLEDでしたが、今回は四桁の7セグLEDです。タイマ割り込みでダイナミック駆動するという趣向。 “部品屋根性(9) 7セグLED、割り込みでダイナミック駆動” の続きを読む

部品屋根性(8) 困ったときのAnalog Discovery2

7 Segment LEDs
JosephHalfmoon
Joseph Halfmoon

最初に謝っておきます。今回も中華部品キットの部品を疑ってしまいましたが、やっぱり悪かったのは私でした。まあね、まさか7セグメントLEDにハマるとは思ってもみなかったです。しかし、良く分からない問題のときには、Digilent Analog Discovery 2 の出番です。繋げば分かる、一発で。 “部品屋根性(8) 困ったときのAnalog Discovery2” の続きを読む