ぐだぐだ低レベルプログラミング(154)ARM64(AArach64)SIMD from整数

SCVFresults
Joseph Halfmoon

前回はSIMD「整数変換系」と勝手に称して表をまとめるだけで疲れてしまい、実習なしでした。今回は実習編。整数から浮動小数への変換命令の練習です。ニーモニック的には前回の巨大な表の末尾の2個だけです。浮動小数からの変換命令がそれだけ多いということだけれども、整数からの変換にも多少は凸凹あり。それほど単純ではありませぬ。 “ぐだぐだ低レベルプログラミング(154)ARM64(AArach64)SIMD from整数” の続きを読む

定番回路のたしなみ(46) BJT(NPN)、エミッタ接地増幅回路とスイッチング回路

BJT_2N3904_Schematic
Joseph Halfmoon

思い出したようにBJT(バイポーラ・トランジスタ)の回路を時々触るのは、0と1だけで誤魔化してきたMOSロジック出身者の見果てぬ夢かもしれませぬ。そのせいかバイポーラの回路を触るときは「リニア」なアナログ回路指向。出来ないクセにやりたがるのね。そういえばバイポーラでもスイッチング回路もあったでないの。やらんの?

“定番回路のたしなみ(46) BJT(NPN)、エミッタ接地増幅回路とスイッチング回路” の続きを読む

データのお砂場(121) R言語、islay、アイラ島の珪岩の古磁気の方角、{boot}

islayBootPlotEC
Joseph Halfmoon

Rのパッケージ「Boot」に含まれるサンプルデータセットをabc順に経めぐってます。今回はislayとな。スコットランドはアイラ島でとれた珪岩の古地磁気の測定データみたいです。1回計算した後に気づきました。アジマスって角度だよな。0°から始めて360°までいったら元に戻るんだった。ダメじゃん、そのまま計算したら。
“データのお砂場(121) R言語、islay、アイラ島の珪岩の古磁気の方角、{boot}” の続きを読む

帰らざるMOS回路(49) Digilent CMOD S7、ADCのサンプルプロジェクト

AnalogInputResults
Joseph Halfmoon

前回、MicroBlaze32ビット・ソフトコア利用のサンプルプロジェクトでの吉例Lチカ動作が成功。超小型のFPGAボードCMOD S7、なかなかいろいろ出来るんでないの、と気を良くしてます。今回はこれまた気になっていたオンボードのADコンバータを使用してみます。12ビット、1Mサンプル毎秒を2チャンネル搭載。
“帰らざるMOS回路(49) Digilent CMOD S7、ADCのサンプルプロジェクト” の続きを読む

忘却の微分方程式(135) 反復練習98、ベルヌーイの方程式の例題なんだが、Maxima

Bernoulli
Joseph Halfmoon

今回は「ベルヌーイの方程式」です。ベルヌーイ一族のお名前を聞くだけでビビッてしまう年寄です。どちらのベルヌーイ様か存じませんがベルヌーイ様のお名前を冠する微分方程式など解ける気がまったくしません。しかし教科書は変数変換によって一階微分方程式に変形できるのだ、とお教えくださっているのです。しかし今回もode2で一撃っす。

“忘却の微分方程式(135) 反復練習98、ベルヌーイの方程式の例題なんだが、Maxima” の続きを読む

MicroPython的午睡(143)RPi PicoでM5Stackを挿げ替える

RPIPCO_SOFTDMA_SRAM_schematic
Joseph Halfmoon

たまたまその上でMicroPythonやっていたというだけで「ソフトウエア制御DMAC」のシーケンサと化していたM5Stackです。折角のM5Stackを単なるシーケンサに使うのはモッタイナイ。そこで今回「シーケンサ」ホストを台数に余裕のあるRaspberry Pi Pico機に変更。M5Stackはお役目から解放。
“MicroPython的午睡(143)RPi PicoでM5Stackを挿げ替える” の続きを読む

お手軽ツールで今更学ぶアナログ(181) インダクタンスの自己共振周波数、その2

2023DecDUT
Joseph Halfmoon

前回、アナデバ社(ADI社)のWeb記事『StudentZone』、2023年12月号で更新が止まっていると気をもんだのですが、どうやら大丈夫みたいです。2024年2月号のQuizの解答がありました。解答があるということは本文もあるのだよね。。。まだ恒例のWebページのURLには本文掲載されていないのだけれど。

“お手軽ツールで今更学ぶアナログ(181) インダクタンスの自己共振周波数、その2” の続きを読む

MicroPython的午睡(142)M5Stack、SoftI2Cで無理やりSRAM初期化

SOFTI2Connection
Joseph Halfmoon

前回、MicroPython制御のDMAコントローラもどきにSRAMモジュールを接続。一応、読み書き出来ているのですが、非常に不安定。その嫌疑はIOExpanderを接続しているI2Cバスにかかりました。I2C操作が失敗していることが多いみたいです。まずは信号品質のチェック?そして無理やりSRAMの初期化ができるところまで。 “MicroPython的午睡(142)M5Stack、SoftI2Cで無理やりSRAM初期化” の続きを読む

ブロックを積みながら(143) Scilab/Xcos、信号のルーティング、まとめる、バラす

routing1Flow
Joseph Halfmoon

前回、ベクトルを扱うために先走ってMUXブロックを使ってしまいました。今回からはMUXを含む信号の「ルーティング」用のパレットに含まれるブロックを練習してみたいと思います。スカラーをベクトルにまとめたり、ベクトルをスカラーに分解したり、あるいはベクトルの一部を取り出したりするものども。ついでにGOTOもね。

“ブロックを積みながら(143) Scilab/Xcos、信号のルーティング、まとめる、バラす” の続きを読む

MicroPython的午睡(141)M5Stack、SRAMモジュール読み書き、ダメダメよ

M5Stack32KBSRAMmodule_schematic
Joseph Halfmoon

前回、MicroPythonのソフト制御のDMAコントローラ一丁あがりとぬか喜び。早速制御対象のSRAMモジュールを組立。8085風味の8ビット・マルチプレクス・バス接続です。ジャンパ配線多過ぎ。MicroPython制御でメモリに読み書きは出来るみたいなんだけれども信頼性ダメダメ。嫌疑はI2Cバスに。。。

“MicroPython的午睡(141)M5Stack、SRAMモジュール読み書き、ダメダメよ” の続きを読む

手習ひデジタル信号処理(118) Scilab、FIRフィルタの設計関数、どれをどうする?

fig001_plot_hst
Joseph Halfmoon

前回までポンコツなベースバンドフィルタ例のアナログ・フィルタの場合を計算するためにIIRフィルタにまで立ち入って大分遠回りをしました。今回からは「ポンコツでない」例を計算するためにFIRフィルタを使ってみたいと思います。しかし信号処理素人の老人はFIRフィルタの設計などできる気がしません。どうしたらよいの?
“手習ひデジタル信号処理(118) Scilab、FIRフィルタの設計関数、どれをどうする?” の続きを読む

ぐだぐだ低レベルプログラミング(153)ARM64(AArach64)SIMD 整数変換系

FRINTtableEC
Joseph Halfmoon

メンドクセーのでなるべく後回しにしていたのですが、やる順番です。勝手命名、SIMD「整数変換系」です。浮動小数の数値を「整数」に変換したりその逆をするもの。前回が浮動小数の数値のフォーマット変換(単精度から倍精度とか)であったのでここでやっとかないとイケない感じ。毎度のことですが叫ばざるを得ません。命令多過ぎA64と。

“ぐだぐだ低レベルプログラミング(153)ARM64(AArach64)SIMD 整数変換系” の続きを読む

MicroPython的午睡(140)M5Stack、ソフト制御でバスサイクル生成

M5Stack8085SoftDMA_busCycleEC
Joseph Halfmoon

前回は古いハードを掘り起こし、M5StackのI2Cバス(3.3V)の先に5Vの外部電源動作のIOExpander MCP23017を2個接続OKなことまで確認しました。今回はMCP23017を制御して古代の8ビット8085風味のバスサイクルを作り出してみます。MicroPython制御のDMAコントローラ一丁あがり? “MicroPython的午睡(140)M5Stack、ソフト制御でバスサイクル生成” の続きを読む

データのお砂場(120) R言語、hirose、PETフィルムの加速劣化試験、{boot}

hirosePlotA
Joseph Halfmoon

今回のデータセットには日本人のお名前が冠せられてます。調べてみたら、「廣瀬先生」を知らなかったら「信頼性、統計業界」じゃモグリと言われそうな大先生でした。知らなかった私は確実にモグリです。廣瀬先生のせいじゃありませんが、データセットの解説ページの一文字が誤っているみたいです。そのフェイントにモグリの老人は右往左往。

“データのお砂場(120) R言語、hirose、PETフィルムの加速劣化試験、{boot}” の続きを読む