ブロックを積みながら(72) Node-RED、websocket in/out ノード

websocketEC
Joseph Halfmoon

今回はNode-REDのWebSocket-in/out ノードの試用です。世の動きに鈍い年寄りにはWebSocketは最近の流行?いや双方向でモダンなWebアプリケーションには必須のプロトコルだと。今回は最低線のフローをNode-RED上に実装、Pythonスクリプトとの間で通信できることを確認してみました。

“ブロックを積みながら(72) Node-RED、websocket in/out ノード” の続きを読む

うさちゃんと一緒(10) Rabbit4000(RCM4010)のメモリマップ(仮)

RCM4010_L2P_MAP
Joseph Halfmoon

うさちゃんRabbit4000(モジュール型番としてはRCM4010)でプログラムを書いていくにあたって、知らん事が多いなと痛感いたしました。その一番はメモリの構成です。Z80的16ビット論理アドレスから24ビットの物理アドレスに拡張しているRabbit4000の仕組みをまず知ろうと。ううむ、調べてみるといろいろ複雑。

“うさちゃんと一緒(10) Rabbit4000(RCM4010)のメモリマップ(仮)” の続きを読む

帰らざるMOS回路(20)今時ゲートレベル論理SIMでもあるまいに。リハビリのPWM。

PWM_Schematic
Joseph Halfmoon

前回「昔懐かしいゲートレベル回路図の論理シミュレーション」結果をVCD波形ビューワーで観察。何十年ぶりかでゲートレベルのロジックを作って動かしてみるべし、と機運?が盛り上がりました。単なる年寄りのノスタルジーでないかい。忘却の彼方にあるものどもを黄泉の国から呼び起こさねば。リハビリの第1回はPWMであります。

“帰らざるMOS回路(20)今時ゲートレベル論理SIMでもあるまいに。リハビリのPWM。” の続きを読む

ぐだぐだ低レベルプログラミング(69) ARM64(AArch64)、論理命令AND一族#1

AndTable
Joseph Halfmoon

今回よりA64の論理演算命令に入ってまいります。AND、OR、EOR、NOTくらいさらっと撫でて終わりっしょ、と思うとさにあらず。便利な合わせ技あり、例によってのエイリアス、そして細かい凸凹もありです。今回は論理演算命令中の大族、AND系命令一族を練習してまいりたいと思います。

“ぐだぐだ低レベルプログラミング(69) ARM64(AArch64)、論理命令AND一族#1” の続きを読む

やっつけな日常(21) NodeRedダッシュボードからIO Expander制御

NodeRedDashboardEC
Joseph Halfmoon

前回、ラズパイ3機のI2Cバスを5V化した先に接続したIO Expander MCP23017の動作確認をPython使って行いました。今回はIO Expanderの持つA、B2つの8ビットポートのうちAポートについて、ブラウザに表示されているNode-REDダッシュボードから点灯/消灯操作を出来るようにしてみました。 “やっつけな日常(21) NodeRedダッシュボードからIO Expander制御” の続きを読む

忘却の微分方程式(49) 反復練習13、行列の対角化その2 Maxima

diagMat020EC
Joseph Halfmoon

前回、みんな大好き P-1AP ってやつまでたどり着いていたので、今回は単純な計算練習のつもり。練習っていって計算するのはMaxima様ですが。けれど単純に以下同文できないところが用意されとりました。「固有値が重解を持つ場合でも、対角化可能なものもある」と。勿論、対角化可能でないものもあるっと。恐れ入ります。

“忘却の微分方程式(49) 反復練習13、行列の対角化その2 Maxima” の続きを読む

手習ひデジタル信号処理(41) CICフィルタ使ったデシメータ利用狭帯域フィルタその2

CIC1_3EC
Joseph Halfmoon

前回は教科書のプログラムをそのまま実機STM32F446REマイコン上に実装、CICフィルタのON/OFFでどのような特性になるのか観察いたしました。今回はそのCICフィルタの振幅特性をScilabを使って計算してみたいと思います。前回使用したCICフィルタは3段の継続接続であったので、1段から3段まで比較してみます。

“手習ひデジタル信号処理(41) CICフィルタ使ったデシメータ利用狭帯域フィルタその2” の続きを読む

データのお砂場(35) R言語、UScitiesD、米国都市間の直線距離とな

hccomp
Joseph Halfmoon

今回は、初登場のデータ形式、距離行列を扱いますです。階層的なクラスタリングで使ったりするもの。通常は何かの指標等を「距離に見立てて」計算して生成する行列なのだと思いますが、今回はもろ距離そのもの(直線距離、マイル表示)で距離行列として生成済でした。クラスタリングの結果は如何に?

“データのお砂場(35) R言語、UScitiesD、米国都市間の直線距離とな” の続きを読む

ブロックを積みながら(71) Node-RED、rpi-gpio in ノード

RaspberryPiINOUT_IFcircuit
Joseph Halfmoon

前回Node-REDから、Raspberry PiのGPIO端子を出力として操作してみました。今回は入力として使用してみます。前回同様、外部のボードとはフォトカプラで絶縁しています。入力イベント「ボタンを押した」を捉まえるために昔やった記憶のあるfilterノードに御出馬お願い。その裏で前回の出力回路を微妙に修正も。

“ブロックを積みながら(71) Node-RED、rpi-gpio in ノード” の続きを読む

連載小説 第88回 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出

Maiko Yonbito
Momoe Sakurada
ペンネーム
桜田モモエ

<これまでのあらすじ>

サイコーエジソン株式会社の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。訳あって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを販売する米国現地法人のSS-Systemsへ赴任していましたが、夫の倫太郎さんがソミーヨーロッパへ転職する事になり、私もサイコーエジソンの現地法人があるドイツのミュンヘンへの異動が決まりました。IT環境は、インターネット、電子メール、Windows95と新時代を迎える中、ヨーロッパでは携帯電話の普及というビジネスの波が起こっていました。

“連載小説 第88回 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出” の続きを読む