データのお砂場(11) R言語、Harman23.cor、因子分析?何が何やら

factor analysis barplot
Joseph Halfmoon

ABC順に端から「当たって」いるので、よく分からない分析手法が登場するのは当然です。今回は因子分析(factor analysis)とな。サッパリ分かりません。ターゲットのデータセットは「7歳から17歳までの305名の girlsの物理計測8種データの分散共分散行列」です。girlsは良いが、分散共分散行列とは何者。

“データのお砂場(11) R言語、Harman23.cor、因子分析?何が何やら” の続きを読む

ぐだぐだ低レベルプログラミング(47) RISC-V、K210、浮動小数点除算サイクル数

RISC-V fdiv CycDUMP
Joseph Halfmoon

今回から再びRISC-Vの実機(K210)を使って、浮動小数点命令を動かしていきたいと思います。今回は第44回でやったサイクル数の計測を浮動小数点の割り算命令に適用。流石に割り算命令には時間かかっているっしょ、みたいなところを眺めてみたいです。でもま、たまたまK210の実装で、この命令列ならこの程度くらいな数字かと。

“ぐだぐだ低レベルプログラミング(47) RISC-V、K210、浮動小数点除算サイクル数” の続きを読む

データのお砂場(10) R言語、HairEyeColor、クロス集計、mosaicplot

mosaicPlot001
Joseph Halfmoon

前回は線形モデル・単回帰でしたが、今回はクロス集計です。基本かつ王道のデータ処理で良い感じです。クロス集計に威力を発揮?するらしいmosaicplotを使ってみます。色を付けないと地味だけれども、色を付けるとかなりカッコよいです。ターゲットとするデータは、髪と目の色とな。

“データのお砂場(10) R言語、HairEyeColor、クロス集計、mosaicplot” の続きを読む

手習ひデジタル信号処理(19) 母音音声合成器その4、STM32F446上実装を「見る」

aiueo_spc4
Joseph Halfmoon

前回まで3回にわたって母音音声合成器の「部品」3つの特性をScilabに計算してもらって眺めてきました。ようやく今回はSTM32F446上で動作確認であります。といっても三上先生のサンプルプログラムそのままなので動かない分けがないです。今回は「発声」された信号をよく「見て」みようの回。

“手習ひデジタル信号処理(19) 母音音声合成器その4、STM32F446上実装を「見る」” の続きを読む

忘却の微分方程式(31) ベクトル解析その2、MathematicaとMaxima

WolfVplot_EC
Joseph Halfmoon

前回、勾配とか発散とかベクトル解析らしきことを少しやってみましたが、今回は、ベクトル場の図示です。Mathematica、カッコよく描けるのだけれども、非力なラズパイ3の限界を感じてしまいました。Maximaは3Dでやるのは面倒そう(やらないケド。)

“忘却の微分方程式(31) ベクトル解析その2、MathematicaとMaxima” の続きを読む

手習ひデジタル信号処理(18) 母音音声合成器その3、高域強調器(Radiator)

Radiator
Joseph Halfmoon

一度道筋がついてしまえば、以下同文方式。Scilab使って特性を調べるのは簡単に思えてきました(本当か?)ターゲットは『母音音声合成器』第3の要素「高域強調器」であります。こいつは「口からの放射」に対応とのこと。手習ひさせていただいております教科書どおりの特性が計算できればOKっと。

“手習ひデジタル信号処理(18) 母音音声合成器その3、高域強調器(Radiator)” の続きを読む

MicroPython的午睡(59) ESP32、WebREPL、動作はするけれども

WebREPLprompt
Joseph Halfmoon

再びM5ATOM Lite上のESP32 genericポートのMicroPythonに戻ってまいりました。今回はESP32系ならでは?のWebREPLを使用してみたいと思います。Network接続されているMicroPythonデバイスのREPLにホストのブラウザから接続する機能であります。確かに使えるのだけれどクセが強い。

“MicroPython的午睡(59) ESP32、WebREPL、動作はするけれども” の続きを読む

データのお砂場(9) R言語、Formaldehyde、線形モデル、単回帰

Joseph Halfmoon

サンプルデータをABC順に端から見ていこうという無謀な方針のため、「難しいのが先」、「基本的なものが後」になることは致し方ありません。今回、基本中の基本、線形モデルで単回帰というサンプルデータセットが登場しました。ようやく当たりを引いた感じ。Formaldehydeであります。しかし、Formaldehydeって一体何?

“データのお砂場(9) R言語、Formaldehyde、線形モデル、単回帰” の続きを読む

Pico三昧(6) Pico C/C++SDKでS93C46接続その2、PIO制御

Joseph Halfmoon

前回は3線式シリアルE2PROM S93C46をソフトウエア制御で読み書きしてみました。今回は、ラズパイPicoの特長であるPIO(Programmable IO)を使って同じことを行ってみます。PIOステートマシンのアセンブラを書くのも大分慣れた気もしますが、最後は波形を見ないと安心できないんだ,、これが。

“Pico三昧(6) Pico C/C++SDKでS93C46接続その2、PIO制御” の続きを読む

ブロックを積みながら(53) Node-RED、csvノードでcsvファイルの変換

readCsvFlow
Joseph Halfmoon

前回は xml(パーサ)ノードを使ってxmlファイルから所望の部分を抜き出せることを確認しました。今回はcsv(パーサ)ノードを使ってcsvから切り出してみます。ネットワーク上でやり取りする場合はXMLやJSONが普通じゃないかと思います。が、伝統のCSV、お手軽なのでローカルには普通に蔓延っている感じもしないでもない

“ブロックを積みながら(53) Node-RED、csvノードでcsvファイルの変換” の続きを読む