MicroPython的午睡(44) MQTTでJSON-OBJ送信、M5ATOMLite

uJsonFlow
Joseph Halfmoon

前回 MQTT Subscribe ができたので、MicroPythonで動いているM5ATOM LiteとNode-REDを動かしているRaspberry Pi 3機で上り下りの通信がOKとなりました。今回は、通信内容をJSON化して後で拡張しやすいようにしてみたいと思います。まずはPublish側から。使用するMicroPythonモジュールはujsonです。

“MicroPython的午睡(44) MQTTでJSON-OBJ送信、M5ATOMLite” の続きを読む

ぐだぐだ低レベルプログラミング(30) RISC-V、AND命令に隠された?凸凹

Joseph Halfmoon

前回、RISC-Vにmv(move)命令は実は無いのだ、という衝撃?の事実をおさらいしました。今回は、and(論理積)命令です。andみたいなプリミティブな操作の命令に何か細工をする余地などあるのか?ま、当然「工夫」があるわけですが。でもね、andとorとxorは一緒、流石に。1回で3命令進捗!

“ぐだぐだ低レベルプログラミング(30) RISC-V、AND命令に隠された?凸凹” の続きを読む

トホホな疑問(40) ATSAMD51、Port Event制御1個しか動かないんですけど

PORT_EVENT_DUT
Joseph Halfmoon

ATSAMD51マイコンのEVSYS、CPUのお手を煩わせずいろいろできて良いものです。その実験をしていて問題が一つ。イベントでPORTを操作してみたところ、1ポートグループあたり4端子まで制御出来る筈が1端子しか反応しませぬ。なにがいけない? Microchip社のエラッタも念のため見たけど、書いてないです。

“トホホな疑問(40) ATSAMD51、Port Event制御1個しか動かないんですけど” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(138) ラズパイPico、外付けDAC、MCP4725接続

Joseph Halfmoon

別シリーズにてSTM32マイコンのAD、DAを動かしているので、ラズパイPicoでもやってみるか、と思い立ちました。しかし、ラズパイPicoにはADの搭載はあるものの、DAはありません(PWMはあり。)また別件にてラズパイPico用の1ビットDACボードも頂いたのですが、今回は外付け12bit DAを接続してみます。

“鳥なき里のマイコン屋(138) ラズパイPico、外付けDAC、MCP4725接続” の続きを読む

手習ひデジタル信号処理(1) ADからDA、ポーリング方式をなぞってみる

AD2DApollingDUT
Joseph Halfmoon

デジタル信号処理を学び直すべし、ということで三上直樹先生著のご本を購入部品も購入し回路を作成、そして関連の雑誌記事発見、と準備に3回もかけてしまいました。いよいよネタバレにならない程度に本文を学んでいきたいと思います。まずはプログラムがビルドできるところからかな。インポートできるみたいだし、何もすることがない?

“手習ひデジタル信号処理(1) ADからDA、ポーリング方式をなぞってみる” の続きを読む

MicroPython的午睡(43) MQTTでSubscribe、M5ATOM Lite

subscribeEC
Joseph Halfmoon

前回別件に行ってしまいましたが、今回は前々回の流れに戻ってMQTTのSubscribeを行ってみたいと思います。使用するMicroPythonは ESP32用の”generic” portです。M5ATOM Lite上での運用ですが、”generic”なので他のESP32デバイスでも動くと思います。

“MicroPython的午睡(43) MQTTでSubscribe、M5ATOM Lite” の続きを読む

ぐだぐだ低レベルプログラミング(29) RISC-VでMV(MOVE)命令、本当は無い

StartDebug
Joseph Halfmoon

前回、RISC-Vのアセンブラを再開できたので、今回からは1命令づつ命令を動かしていきたいと思います。最初はMOVE(RISC-VのニーモニックではMV)命令です。単なるレジスタ間の転送。しかし、そこにある「仕掛け」をみるとRISC-Vのやり方というものが理解できる感じがします。単なるMOVE、されどMOVEか。クセが強いのう。

“ぐだぐだ低レベルプログラミング(29) RISC-VでMV(MOVE)命令、本当は無い” の続きを読む

IoT何をいまさら(94) ATSAMD51、ArmのWFI命令使ってみた

WioTerminal_WFI_DUT
Joseph Halfmoon

前回『初回が0なのはプログラムの仕様<バグともいう>です。』など勝手なことを書いて「逃げて」しまいました、すみません。今回はバグ修正版? ArmのWFI(Wait for Interrupt)命令を使って、割り込みが発生するまで「低消費電力で」待ちを入れたいと思います。まあこれとても根本的な対策ではないのでありますが。

“IoT何をいまさら(94) ATSAMD51、ArmのWFI命令使ってみた” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(137) ラズパイPico、C/C++SDKでPIO、サイド出力

LOGANADUT
Joseph Halfmoon

前回は、ラズパイPicoのユニークなPIO(Programable IO)でパラレル入出力をやってみました。ただし、出力タイミングはCPUからの書き込み次第でした。今回は、CPUタイミングを排除し、ハード側の一定のタイミングで出力するとともに、パラレル出力には必須のストローブ信号を付加してみたいと思います。

“鳥なき里のマイコン屋(137) ラズパイPico、C/C++SDKでPIO、サイド出力” の続きを読む

Literature watch returns(29) トラ技2021.10月号、あれ?

TraGi202110
Joseph Halfmoon

久しぶりのCQ出版さんの「トランジスタ技術」誌です。2021年10月号。特集も「お役立ち」ですが、ちょっと気になる新連載が始まりました。三上直樹先生、『STM32マイコンではじまるPC計測』です。あれ、何か見覚えあるような。そうです前回のデジタル信号処理のご本の著者による連載。ちょうど準備済なんですわよ。

“Literature watch returns(29) トラ技2021.10月号、あれ?” の続きを読む