うさちゃんと一緒(7) TCPパケットをオウム返しでtelnet、Rabbit4000

telnet
Joseph Halfmoon

前回はUDPでしたが、今回はTCPのパケットをうさちゃん(Rabbit4000)にオウム返ししてもらいます。使うポートは23。telnetであります。Scapyも使ってみますが、TCPは3wayハンドシェイクしないといけないので本来の telnet コマンドにご登場願う、と。あれtelnetインストールしてなかった?

“うさちゃんと一緒(7) TCPパケットをオウム返しでtelnet、Rabbit4000” の続きを読む

うさちゃんと一緒(6) Scapyから送ったUDPパケットをオウム返し、Rabbit4000

WSK000
Joseph Halfmoon

うさちゃん(Rabbit4000)相手のネットワーク通信の練習も、そろそろデータを載せてみたいです。今回は高々4文字、UDPでラズパイからうさちゃんへ、うさちゃんからラズパイへと相互にパケットを投げつけあってみたいと思います。わたしゃ止めることを全然気にしていなかったこと発覚。1つ間違えたら自分で自分にDDoS攻撃?

“うさちゃんと一緒(6) Scapyから送ったUDPパケットをオウム返し、Rabbit4000” の続きを読む

うさちゃんと一緒(5) ScapyでARPしてICMP、一歩づつ? Rabbit 4000

Rabbit4000_EC
Joseph Halfmoon

ふと見ると「うさちゃん」ボードに薄っすらと埃が積もってました(うさちゃんの御近影は冒頭に。)前回から大分間が空いてしまいました。今回は前回の続きでARPパケットにお返事をもらい、リプライの中から必要な情報を取り出し、次なる送信パケットを組み立てたいと思います。

“うさちゃんと一緒(5) ScapyでARPしてICMP、一歩づつ? Rabbit 4000” の続きを読む

うさちゃんと一緒(4) Rabbit 4000 対 Python Scapy

scapyOnRPiGreeting
Joseph Halfmoon

前回はRabbit4000からラズパイに向かってPingかけるのを、ラズパイ上のWiresharkで覗き見してました。今回は、Rabbit4000とパケットをやり取りするトイメンとして、Python上のScapyを使ってみます。これでEthernetの両側をパケットレベルでプログラムできる筈。

“うさちゃんと一緒(4) Rabbit 4000 対 Python Scapy” の続きを読む

うさちゃんと一緒(3) Rabbitとの通信をラズパイWiresharkで観察

Eth0EC
Joseph Halfmoon

前々回、うさちゃんへPingしてお返事をもらいました。今回はうさちゃんからPingしてみます。通信相手はRaspberry Pi 3 model B+です。うさちゃんからのPingにラズパイからお返事をしながら、その様子を「みんな大好き」Wiresharkで観察してみたいと思います。うさちゃんに書き込むコードはサンプルコードほぼそのままです。

“うさちゃんと一緒(3) Rabbitとの通信をラズパイWiresharkで観察” の続きを読む

うさちゃんと一緒(2) Cooperative Multitaskingで吉例Lチカ

protoBoardLedsEC
Joseph Halfmoon

懐かしいZ80的命令を持つ、うさちゃん印のRabbit4000を使用中です。前回「売り」のEthernetから始めてしまい、新マイコン入手時の吉例を飛ばしてしまいました。今回は、Rabbit用の言語処理系 Dynamic Cの特長の一つ、Cooperative Multitaskingを使って「Lチカ」してみます。

“うさちゃんと一緒(2) Cooperative Multitaskingで吉例Lチカ” の続きを読む

うさちゃんと一緒(1) Rabbit4000にPingしてお返事をしてもらう

RabbitBoard
Joseph Halfmoon

うさちゃん印のRabbit4000、Z80に似た8ビットの命令セットを持つちょっと古いけれども強力なマイコン、を手に入れてインストールをし動作確認をいたしました。今回から、少しづつ「うさちゃん印」を動かしていきたいとおもいます。まずは「売り」の機能Ethernet I/Fの動作確認から。外からPingしてお返事を確認してみます。

“うさちゃんと一緒(1) Rabbit4000にPingしてお返事をしてもらう” の続きを読む