やっつけな日常(49) raspinfo、このコマンドなんだっけ? RaspberryPi

UpgradeRaspinfoA
Joseph Halfmoon

UbuntuおよびRaspberryPi OSを使っているとき、ほぼ無意識に apt update、apt upgrade している自分がいます。更新ファイルが多数であればほぼザルなのですが、少ないと妙に目に留まることがあります。今回はそれです。Raspinfo です。あれ、なんだっけこのコマンド?使ったことあった?
“やっつけな日常(49) raspinfo、このコマンドなんだっけ? RaspberryPi” の続きを読む

やっつけな日常(48) RustにいればRustに従え、融通の利くprintln!

println
Joseph Halfmoon

Rustは型に厳格といいつつ「意外と融通を利かせて」くれるような気が(個人の感想っす。)それはコンパイラが厳格に管理している(変なことはできない)ために可能な技?なのかもしれませぬが。今回は「融通が利く」println!と「融通が利かない」assert_eq!を比べながら実験してみたいと思います。どちらもマクロだね。
“やっつけな日常(48) RustにいればRustに従え、融通の利くprintln!” の続きを読む

やっつけな日常(47) RustにいればRustに従え、イテレータで使えるメソッドその3

Iter3_EC
Joseph Halfmoon

前々回前回に決定的な誤り発見。(1.10)をstd::iterのごとくに使用してますが、それはstd::ops::Range でした。共通するお名前で同様な機能のTraitsが実装されているのでイテレータとして練習してしまいました。今回「よく使いそうな奴ら」は気をつけたつもりなので大丈夫か?怪しいケド。

“やっつけな日常(47) RustにいればRustに従え、イテレータで使えるメソッドその3” の続きを読む

やっつけな日常(46) Rustに入ればRustに従え、イテレータで使えるメソッドその2

Error1_msg
Joseph Halfmoon

前回からイテレータを勉強してます。前回は残念なことに直なメソッドばかりで紛糾?しなかったです。今回から紛糾しそうなメソッドに入っていきたいと思います。その入口は count() とな。実行すると結果を返してくれるけれどイテレータを「消費」してしまうメソッドです。そのままでは意味ないけれど2度数えることはできないの?<訂正あり>

“やっつけな日常(46) Rustに入ればRustに従え、イテレータで使えるメソッドその2” の続きを読む

やっつけな日常(45) Rustに入ればRustに従え、イテレータで使えるメソッドその1

iterLis0
Joseph Halfmoon

今回からイテレータに入りました。前回、NoneとSome、そしてanyを「予習」しておいたおかげで多少は分かりやすかったんでないかい。でも今回は分かりやすい奴ら(メソッド)ばかり練習してみたから当たり前か。なんだかね、とってもいろいろいるのよね、よくわからない奴らが。<訂正あり

“やっつけな日常(45) Rustに入ればRustに従え、イテレータで使えるメソッドその1” の続きを読む

やっつけな日常(44) Rustに入ればRustに従え、NoneとSomeは仲間、anyは別

none_some_any_EC
Joseph Halfmoon

前回はクロージャ。今回はまたも寄り道、NoneとSomeは仲間だけれど、anyは違う件です。Rustのソースコードを読んでいてよく調べもせず、Noneは定数、Someとanyは何かの述語みたいなものと勝手に想像してたのはハズレました。Someは大文字始まりだし、anyは小文字なのでそれみりゃわかるだろ、という話ですが。
“やっつけな日常(44) Rustに入ればRustに従え、NoneとSomeは仲間、anyは別” の続きを読む

やっつけな日常(43) Rustに入ればRustに従え、カウンタ・クロージャを返したいです

RustClosureEC
Joseph Halfmoon

前回、mutを減らせなくている話を書いたらば先達の方にツイッターにてお教えいただけました。分かっている人のコードを拝見すると目から鱗だよ。いや~Rustのイテレータを勉強しないと。といいつつ今回はイテレータの前にクロージャであります。どうもイテレータと地続き?みたいだし。でもクロージャってこんな面倒だったんだっけ?

“やっつけな日常(43) Rustに入ればRustに従え、カウンタ・クロージャを返したいです” の続きを読む

やっつけな日常(42) Rustに入ればRustに従え、ループを回る、mutの個数?

loopsEC
Joseph Halfmoon

前回は「ありがちな」エレトステネスの篩をRustで練習してみました。しかし気になったのが mut の多さです。小さなプログラムなのに mut と宣言しているところが4か所もありました。普段、Cで書いていたら気にしないのにRustだと mut と書かねばならないのでとても気になります。Rustを作った人たちの思うツボか?

“やっつけな日常(42) Rustに入ればRustに従え、ループを回る、mutの個数?” の続きを読む

やっつけな日常(41) Rustに入ればRustに従え、配列の大きさ、usizeって何よ?

seiveEC
Joseph Halfmoon

前回、定数といっても unsafe な奴を使ってしまったので、今後は unsafe でない constを使うべし、と思い定めました。さてconstな定数を使って配列を定義してみたところがエラー。Rustは、配列のサイズを宣言する際に定数の型すらもチェックしておるのでした。成り行きで配列を確保してるんじゃね~よ、と。 “やっつけな日常(41) Rustに入ればRustに従え、配列の大きさ、usizeって何よ?” の続きを読む

やっつけな日常(40) Rustに入ればRustに従え、unsafeだらけの可変static

mutStaticEC
Joseph Halfmoon

「C言語」頭の老人には毎度恐れいるばかりのRustであります。今回はstaticとな。C言語であればスコープにかかわりなく静的に「持続する」変数を使うことができるアレです。Rustにもstaticあり。似たものに見えて、そのように使えないこともないのですが、制限キビシーです。unsafeの嵐。やってはいけないってこと?

“やっつけな日常(40) Rustに入ればRustに従え、unsafeだらけの可変static” の続きを読む