Pharoといっしょ(9) 続 CRC、CRC8/AHT21B、CRC8/DVBS2の計算

beCRC8AHT21B
Joseph Halfmoon

前回、PharoのCRCクラスを使ってCRC16とCRC32を計算してみました。しかし、「マイコンなどを扱うことが多いお惚け老人」には肝心要な計算を確かめてません。CRC8ね。それも機種にスペシフィックなやつ。今回はAHT21B温湿度センサ、とPIC16F18855 MCU搭載CRC計算機向けを計算してみます。

“Pharoといっしょ(9) 続 CRC、CRC8/AHT21B、CRC8/DVBS2の計算” の続きを読む

Pharoといっしょ(8) PharoでCRCを計算する小ネタ

CRC16_CCIT_ZERO
Joseph Halfmoon

素人老人は今回Pharo様にCRC計算してね、とお願い。当然ながらPharo様はCRCを計算できるクラスを持ってます。それにお願いするか「継承」すればよい筈。しかしね、CRCといってもいろいろアリ。デフォルトで計算できるCRC16とかCRC32とかは何なの?「違う奴」はどうしたら良いの?分からんことだらけだな。
“Pharoといっしょ(8) PharoでCRCを計算する小ネタ” の続きを読む

Pharoといっしょ(7) 工夫の無い数値積分でπ(パイ)を計算してみる

IntegrationResults
Joseph Halfmoon

別シリーズで「∫」記号を頂くブロックどもが活躍。Pharoでも積分してみることにいたしました。こちらでは「何の工夫もないベタな数値積分」です。工夫はないですが、ターゲット関数を差し替えればいろいろできるハズ。なお下書きにしたのはRust言語で書いた短いコードです。Pharoで書いても短いです。 “Pharoといっしょ(7) 工夫の無い数値積分でπ(パイ)を計算してみる” の続きを読む

Pharoといっしょ(6) PPM出力で描く、吉例mandelbrot集合

PharoMandelbrot
Joseph Halfmoon

前回、ビットマップグラフィクスをPPMファイル出力できるようになったので、今回は「吉例マンデルブロ集合」を描きたいと思います。過去の別シリーズでも何度となく描いてきた目出度い?フラクタル図形であります。本来は複素数で記述すべきところ、フロート2個で誤魔化してます。ファイル出力さえできてりゃ、後は簡単だ、と。ホントか?

“Pharoといっしょ(6) PPM出力で描く、吉例mandelbrot集合” の続きを読む

Pharoといっしょ(5) PPM形式カラービットマップグラフィック(テキストファイル)出力

samplePPM
Joseph Halfmoon

前回、テキストファイルへの入出力ができるようになった「気がした」ので、応用としてPPM形式のファイル出力を試みました。Linuxではお馴染みのPPM形式はテキストファイルをダラダラと書き出せばカラーグラフィックになるお楽なフォーマットです。以前、Go言語、Rust言語をちょっと練習したときにもお世話になっている形式。 “Pharoといっしょ(5) PPM形式カラービットマップグラフィック(テキストファイル)出力” の続きを読む

Pharoといっしょ(4) あちこちの裏で暗躍? Zincなんたら、って何よ?

PharoTextWrite2
Joseph Halfmoon

以前にPharoのお勉強資料充実と書きました。中でもThe Pharo MOOCの動画群、とっても分かり易いです。しかし全7週のうちようやく第3週を終えたあたりです。だって1週間分に20本近くもビデオがあるのだもの、お惚け老人にはかなりな負荷っす(他にもYouTubeだらだら見る時間あるならMOOCを見ろよ、自分。)

“Pharoといっしょ(4) あちこちの裏で暗躍? Zincなんたら、って何よ?” の続きを読む

Pharoといっしょ(3) 続Integer、bitShiftと16進数のとりあつかい

LshiftL
Joseph Halfmoon

前回、Smalltalkの法灯を継承するPharoの整数型をちょいと味見してみました。しかし整数といえば16進数がデフォルト、それも頭0ズメ、キッチリ4桁とか8桁とかでないと不安になる年寄です。今回は前回積み残した細々したところを確かめておきます。そんな気にせずとも懐の広いPharo様は受け止めてくれる感じだけれども。
“Pharoといっしょ(3) 続Integer、bitShiftと16進数のとりあつかい” の続きを読む

Pharoといっしょ(2) SmallIntegerはint64_tとは違うみたい

SmallIntegerMinMax
Joseph Halfmoon

普段 uint32_t 型あたりで細々と暮らしている年寄です。Pharo様を学びながらも、ビット演算したりすることを考えると整数型のビット幅が気になって夜も眠れません。ホントか?そこで今回はSmallIntegerクラスについてチョイ調べて愕然。どうせint64_tだろ、などと高をくくっていたらば大間違い。
“Pharoといっしょ(2) SmallIntegerはint64_tとは違うみたい” の続きを読む

Pharoといっしょ(1) Morph再び、GUIの呼び出しで戸惑うのよ。

confirm
Joseph Halfmoon

Smalltalkの法灯を伝えるPharoの練習もはや10回以上となりました。この辺で独立したシリーズに格上げ(それがどうしたというところ。)さて、過去回にてMorphって何よ、と問いかけ、多少は分かった気になってましたが、GUIを実際に使ってみる段でまたもや戸惑いました。お間抜け老人が慣れるまでは遠い道のりだな。 “Pharoといっしょ(1) Morph再び、GUIの呼び出しで戸惑うのよ。” の続きを読む