帰らざるMOS回路(51) CMOD S7用にBCDデコーダ、シミュレーション編

SIMresults
Joseph Halfmoon

FPGAも素人ならVerilogも素人の老人です。適当な題材で回路を作製してシミュレーションしてCMOD S7上で動かしてみることをせねば折角のCMOD S7を使えるようになる気がしません。そんなとき別件シリーズでBCDデコーダ74HC42をいじりました。素人老人にはこのくらいのロジックから始めるのがいいんでないかい?

“帰らざるMOS回路(51) CMOD S7用にBCDデコーダ、シミュレーション編” の続きを読む

帰らざるMOS回路(50) CMOD S7にSN74LVCH16T245を接続

HVLVonBB
Joseph Halfmoon

Digilentの小型FPGAボードCMOD S7のチュートリアルも一通りやってみたので、FPGAの外に接続するデバイスを用意しようと思い立ちました。このボードは3.3VのIO電源で、LVCMOSでインタフェースをとるようになっています。一方DIP形状のピン側には5V電源端子のみ。3.3VはPMODコネクタのみ接続。

“帰らざるMOS回路(50) CMOD S7にSN74LVCH16T245を接続” の続きを読む

帰らざるMOS回路(49) Digilent CMOD S7、ADCのサンプルプロジェクト

AnalogInputResults
Joseph Halfmoon

前回、MicroBlaze32ビット・ソフトコア利用のサンプルプロジェクトでの吉例Lチカ動作が成功。超小型のFPGAボードCMOD S7、なかなかいろいろ出来るんでないの、と気を良くしてます。今回はこれまた気になっていたオンボードのADコンバータを使用してみます。12ビット、1Mサンプル毎秒を2チャンネル搭載。
“帰らざるMOS回路(49) Digilent CMOD S7、ADCのサンプルプロジェクト” の続きを読む

帰らざるMOS回路(48) Digilent CMOD S7、HW+SWプロジェクトその3

CreateApplicationProjRuns
Joseph Halfmoon

前回、MicroBlazeコア上で実際にソフトウエアを動作させんとしたところが、ビットストリーム生成でまさかのエラー勃発、その対処に1回を費やしました。今度こそということでソフトウエアまで書き込み、動作OK。やったね。でもソフトウエアをビルドする前にもやっぱり引っかかってましたデス。「待てばできる」問題だったけれど。

“帰らざるMOS回路(48) Digilent CMOD S7、HW+SWプロジェクトその3” の続きを読む

帰らざるMOS回路(47) Digilent CMOD S7、HW+SWプロジェクトその2

BitstreamGenerationFailed
Joseph Halfmoon

前回、MicroBlazeコアを搭載したHW設計の「バリデーション」までやってノーエラーでした。その余勢をかって今回はSWなどと目論んでいましたがいけません。SW側に「輸出」する最後の段になってエラー発覚。チュートリアル通りにやっているつもりなのに何がいけないの?FPGA素人の忘却力の年寄は大慌てなんであります。
“帰らざるMOS回路(47) Digilent CMOD S7、HW+SWプロジェクトその2” の続きを読む

帰らざるMOS回路(46) Digilent CMOD S7、HW+SWプロジェクトその1

blockdiagramFULL
Joseph Halfmoon

超小型FPGA開発ボードDigilent CMOD S7導入。本流FPGA開発ツールAMD Vivadoを使って何度か練習するうちに「設計できるかも」的根拠のない自信?が忘却力の年寄にも芽生えております。今回はついにCPU‐IPなどを搭載、ハード、ソフトの複合プロジェクトに挑戦?チュートリアル通りだけれども。

“帰らざるMOS回路(46) Digilent CMOD S7、HW+SWプロジェクトその1” の続きを読む

帰らざるMOS回路(45) Digilent CMOD S7、サンプルPROJを開いてみる

USBserial_R
Joseph Halfmoon

本流FPGA AMD(Xilinx)搭載のDigilent CMOD S7導入。前回は開発ツール付属のVerilogシミュレータを使用。今回はCMOD S7ボードそのものについて調査。それにはアウト・オブ・ボックスと銘打たれたサンプルプロジェクトを開いてみるのが一番良いのでは?ということで既存プロジェクトをOpen。 “帰らざるMOS回路(45) Digilent CMOD S7、サンプルPROJを開いてみる” の続きを読む

帰らざるMOS回路(44) Digilent CMOD S7導入、Vivadoのシミュレータ

simResult
Joseph Halfmoon

前回Digilent社の小型FPGAボードCMOD S7を導入。「本流FPGA」Xilinx(AMD)登載であります。開発環境はVivadoのML版です。前回はボードを取り出して「とりあえず」LEDを点滅させる回路をFPGAに書き込み動作を確認。今回はVivadoのVerilogシミュレータを使用してみます。 “帰らざるMOS回路(44) Digilent CMOD S7導入、Vivadoのシミュレータ” の続きを読む

帰らざるMOS回路(43) Digilent CMOD S7導入。AMD(Xilinx)だ。

CMOD_S7_package
Joseph Halfmoon

トライしていた「中華」FPGAから、本流の米国FPGAに転進。中華FPGAが手元のPC上で開発できないのが辛かった。毎度古いマシンを叩き起こして作業する心理的障壁に負けました。もっとも米国製といっても「お求めやすい」FPGAボードを物色。結局、いつもお世話になっているDigilent社製品を導入。CMOD S7とな。
“帰らざるMOS回路(43) Digilent CMOD S7導入。AMD(Xilinx)だ。” の続きを読む

帰らざるMOS回路(42) 前回FPGA回路を微調整

Modified2NP
Joseph Halfmoon

前回「パルス幅の調整が必要だな。」などと書きながら、メンドくなってそのまま投げてました。先へ進めるまえに前回の後始末をしておくべし、と。今回は8080のクロック仕様に合致させるつもりで回路を微調整するだけであります。現場合わせ、成り行き感。。。良いのかそんなことで。

“帰らざるMOS回路(42) 前回FPGA回路を微調整” の続きを読む

帰らざるMOS回路(41) 2相ノンオーバラップクロック生成回路をFPGA実装

FPGA_WAVEFORM0
Joseph Halfmoon

前回Verilogで古の8080用2相ノンオーバラップクロック生成をシミュレーション。シミュレーションできたからにはFPGA上に実装せずにはいられませぬ。手元にあるFPGAボードは「お求めやすかった」けれども「既に販売されていない」某国製品です。新規購入と思いつつ、大したロジック作るわけじゃないと思うと手が出ませぬ。

“帰らざるMOS回路(41) 2相ノンオーバラップクロック生成回路をFPGA実装” の続きを読む

帰らざるMOS回路(40) 2相ノンオーバラップクロックをVerilogで設計もどき

counter12SIMwave
Joseph Halfmoon

別件記事で古の8080用の2相ノンオーバラップクロックもどきを制作。標準ロジックIC2個、合計7ゲートのロジックを組むのが老人には辛いっす。この際FPGAでやれば自分で配線せずとも出来るじゃん。ということでFPGAにしてみることにしましたが、そのためには回路をHDLで書かないとなりません。久しぶりにVerilog?

“帰らざるMOS回路(40) 2相ノンオーバラップクロックをVerilogで設計もどき” の続きを読む

帰らざるMOS回路(39) セントロニクスI/Fのタイミングチャートを描く

centronicsIF
Joseph Halfmoon

別件記事で狐の尻尾先生がPC98のプリンタI/Fについて書かれてました。その補足ということでWaveDromでタイミング・チャートを描いてみることに。やっぱI/Fといったらピン配だけでなくタイミングチャートも要るだろ~と。その過程で古い資料をみていたらPC98とIBM PC/ATの違いに気づきました。レトロな。
“帰らざるMOS回路(39) セントロニクスI/Fのタイミングチャートを描く” の続きを読む

帰らざるMOS回路(38) タイミングチャートにsetup/holdを書き込む

setup_hold_EC
Joseph Halfmoon

前回、JSONベースのテキストをパースしてタイミングチャートを描いてくれるWaveDrom(ローカル版)を使用してSPIのタイミングチャートを描いてみました。結構お楽にかけました。余勢を駆って?今回はセットアップ、ホールド・タイムなど数字を書き込もうとしてツボにハマってしまいました。思ったように矢印書くのはテクがいる?
“帰らざるMOS回路(38) タイミングチャートにsetup/holdを書き込む” の続きを読む