鳥なき里のマイコン屋 投稿順index

(1) MCU、SoC、プロセッサ MCUとSoC、そしてマイクロプロセッサ。昔は製品的にもビジネス的にも(そして半導体会社の中の部門的にも)大分違うところにいた気がします。この頃は境目が大分あやふや、技術的にもビジネス的にも。それでも本連載は、変わらぬシングルチップ・マイクロコントローラ、MCU愛で進めて行きたく存じます。

(2) Armにする、Armじゃない? Microchip  Holtek  NXP いつの頃からでしょう、MCUを語るのに、Armに触れないわけにいかなくなったのは?Arm、最初は単体CPU、ブレークしたのはSoC(そのころはシステムLSIと呼んでいたでしょう)でしたね。しかし、MCU商売でも本道中の本道。米、台、欧の有力3社をざっと経めぐってみます。

(3) Armのお供にレガシー8051説  Silicon Laboratories ArmコアのMCUの蔓延りぶりが目につきますが、その陰に、レガシーな8ビットマイコン8051が見え隠れする。そこで一説を唱えました。

(4) Cypressいつの間に Cypress社といえば、PSoCマイコン。コンフィギャラブル?なアナログ回路、デジタル回路を備えたユニークな製品です。そのMCU製品ラインの概要をながめてみます。

(5) Arm Cortex-Mのおさらい いまやArmにあらずんば32ビットMCUにあらず、という感じ。しかし、MCUに使われるArmコアにもいろいろある。

(6) Analog-Devices、一味違うレガシーコア  アナデバと言えば、アナログ業界の大看板、「泣く子も黙る」かもしれない存在です。そんなアナデバ社もMCUをラインナップしております。流石、アナデバ、MCUコア、レガシーでも一味違う。

(7) Nuvoton Technology、益々快調Armのお供に8051説  台湾のヌーボートン社は、みずから8051コア大手を名乗っておられます。8051ファン?としてはまず真っ先にあげておかねばならない存在。なお、ヌーボーはボジョレーヌーボーのヌーボーで、トンは大唐帝国の唐らしいです。(なお、Nuvoton社が買収した話はこちら

(8) Megawin、レジェンド6502ベースMCU発見 

(9) Z8とZ8051 Littelfuse(IXYS( Zilog ))

(10) On-semiconductor

(11) 中国MCU調査第1回

(12) タイマー、周辺回路を支える

(13) TIにも8051発見

(14) シリアルポート、デジタル系センサ接続

(15) 消えゆく4bitマイコン

(16) Tenx、絶滅危惧種4ビットのニッチ

(17) 絶滅危惧種4ビットをEPSONに見る

(18) EM、絶滅危惧種4ビット、欧州の牙城

(19) 東芝、やっぱりArmか、MIPSどうなった?

(20) Armは栄える、Hは枯れる。ルネサス

(21) ラピス・セミコンダクタ、敢えて逆張り?

(22) STMicroelectronics、正統派すぎる

(23) Maxim Integrated、セキュアとウエアラブル

(24) ABOV Semiconductor、メモリの国のMCUベンダ

(25) Panasonic セミコンダクターソリューションズ

(26) Intel, ラストMCU Quark終った

(27) Ambiq micro、超低消費電力

(28) FTDI、繋ぐに徹する

(29) Mediatek MT2523、MCUそれともSoC

(30) ISSI、メモリの影にレア物MCU

(31) Cybernetic Micro Systems P-51、マニアック

(32) 6502の家元? Western Design Center

(33) Dragonchip、リモコンに生きる?

(34) Elan、4ビットの香りの8ビット

(35) Sonix、音声マイコンの世界のリーダー?

(36) Infinieon、車載とパワー

(37) Bridgetek、熱帯のマイコン屋

(38) Digi, Rabbit, 独自進化の強力8ビット 

(39) MarvelのWiFiマイクロコントローラ

(40) TDK Micronas、センサからMCU

(41) SiFive, RISC-V, MCUにもなりMCUではなく

(42) 第2部開発ツール編スタート

(43) Arm Mbed その1、お手軽過ぎて?

(44) Arm Mbed その2、printf、OSのお陰

(45) Arm Mbed その3、OS2種類、どっち

(46) Arm Mbed その4、Mbed-CLI

(47) Arm Mbed その5、OpenOCD+GDBでデバッグ

(48) Arm Mbed その6、make-gcc-armへイクスポート

(49) Arm Mbed その7、classの行方

(50) Arm Mbed その8、mbed-simulator

(51)USBシリアルの準備

(52) トラ技の付録でPSoC Creator その1

(53) PSoC Creator その2 回路図エントリにはまる

(54 ) PSoC Creator その3 システムタイマチック

(55) CY8CKIT-059 PSoC 5LP Prototyping Kit

(56) Nucleo F401RE 追加

(57) Arduinoシールドでバズル?

(58) Arduinoシールド用基板など細かい話

(59) STM32CubeIDE その1

(60) STM32CubeIDE その2

(61) STM32CubeIDE その3

(62) DfuseとST-Link-Utiity

(63) NXPマイコンににみる Mbed OS対応微妙な違い

(64) Mbed、使われているコンパイラは何?

(65) SW4STM32、Mbedからexportしてみる

(66) SW4STM32、デバッガを使ってみる

(67) Mbed Studio、ちょっと使ってみた

(68) 世に蔓延るArduinoピン互換

(69) Arduino IDE活用、M5Stack

(70) Espressif Systems 上場!

(71) Kendryte K210、RISC-V搭載AIチップ

(72) マイコンの範疇、揺らぐこのごろ

(73) 突然のNuvoton Technology Nuvoton(新唐)がPanasonic半導体を買う?気になったので、ちとNuvotonの年次報告書など読んでみた、と。

(74) VS Codeでマイコン・ソフト開発  Visual Studio Code、Visual Studioの名で騙されてましたね。よく知っているツールなんだと。使ってみると大違い。マイコン開発にも使える、それどころか新な地平を開く? 乗り換えている人が多いのもうなずけます。

(75) VS CodeでM5Stack、ちょっと設定 前回ズボラな設定のまま、M5Stackのコードを書いてしまいました。いくつか設定を加えれば、これでArduinoIDEと同等以上か?

(76) VS CodeでNucleo、PlatformIO超便利! 今回は、ターゲットボードをST社のSTM32マイコン(Armコア)Nucleoボードに変えてみます。OSはMbed。ここでもPlatformIOの便利さが際立ちます。

(77) VS CodeでMicro:bit、デバッガも使えます。 Micro:bitと言えば、ブロックエディタでお絵描きでプログラムする、というのが普通です。しかし、VS Code+PlatformIO使えば、C++で、ArmのMbed OS使ってプログラムすることが即できます。そのうえ、何の追加プローブも無しにデバッガも使えます。

(78) VS Code+PlatformIO、弱点もある 便利なPlatformIOですが、Mbedプラットフォーム環境をよく見てみると、細かな弱点もあることに気付きます。純正環境はやっぱり強いところがあるなあ、と。

(79) VS CodeでRaspberry Pi  今回はPlatformIOを使わず、VS CodeからSSH接続でラズパイに接続してみました。やってみたら超簡単。ほとんど何も考えずにラズパイ上のファイルをエディット、ターミナル開けば、RaspbianのBash.

(80) VS CodeでJetson Nano 前回にひきつづき、VS CodeからSSH接続を使ってみます。今回ターゲットはJetson Nano. 接続したならばPython拡張をRemoto接続先にインストールして、numpyとcupy(CUDA-GPU利用)混在のPythonスクリプトをデバッグしてみます。

(81) VS Code、Remote, MakeしてGdb 前回尻切れトンボに終わったJetson Nano上のcudaプログラムをビルド、返す刀で、同じショートカットをラズパイに適用し、cプログラムをビルド、そしてラズパイ上のgdbをVS Codeでリモートデバッグ。

(82) VS CodeでESP32 DevKitC 今回はクロス開発に戻ってEspressif社のESP32のDevKitCです。ただし、同じESP32搭載のM5Stackを既に試しています。同じArduino環境であれば超簡単にできる筈。

(83) VS CodeでESP32続、LCD 前回の構成に、I2C接続のLCDパネルを追加。これで自前のLCDが使える、M5Stackみたいに便利?

(84) VS CodeでESP-IDF このところESP32系つづいていますが、いずれもプラットフォームはArduinoでした。今回は「趣向」を変えて縁の下で働いてくれているFreeRTOSに直接触れるESP-IDF環境をば。

(85) Longan Nano、Arduino環境?? 勝手な目論見あり、RISC-V搭載マイコンのLongan Nanoを購入いたしました。お手頃価格で多機能。そしてArduino環境でお手軽開発、って、でも私のやりたいことはArduinoでは無理?ちゃんとやれっていうことですか?

(86) Longan Nano、GD32VF103-SDK  どうもLongan NanoはSDKでプログラムする方がよっぽどやりやすい。でもね、ちゃんと回路図、データシート調べないと思ったようには動きませぬよ。

(87) Longan Nano、DAC  ようやく回路図やマニュアルを確認し、DACとディスプレイが両立。マニュアル読んで、分かってくれば段々楽しくなってくる。

(88) Longan Nano、USARTでprintf  お手製アダプタで信号を引き出し、printfデバッグ。原始的でも、何はともあれprintfだあ。

(89) Longan Nano、I2CでAQM1602 まあね、Longan nanoには背中のカラーLCDがあるから、わざわざ外付けのLCDの意味ないけど、まあね、I2Cのテストだから。。。

(90) Longan Nano、microSD  カードからの読み取りはできるのじゃが、書き込みができんのじゃ、何故?