連載小説 第4回             4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出

ItohTakamitsu
ペンネーム    桜田ももえ

 

 

 

 

 

<これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIが埋め込まれている新人OLです。早慶大心理学科卒文系女子なのに、半導体営業課に配属。半導体事業部検査課での工場実習を終えようとしている舞衣子と、同期の島工作君とトム君でしたが、舞衣子はいまだに「半導体って半分電気通すの?」状態です。

第4話 半導体の物性に関する深い?考察

私、詠人舞衣子(よんびと まいこ)は、文系なのに半導体営業課に配属されちゃいました。心理学専攻なので、私に気がある男子とか、私じゃなくて別の女の子に興味がある男子とかを見抜くのは得意ですが(笑)、エレクトロニクスは不勉強でした。でも、半導体事業部の工場実習の間に結構分かるようになってきましたよ。営業部同期入社の島工作君に聞けば大体の事は分かります。でも、まだまだトンチンカンな質問をしてしまう事もあります。

 

 

 

「ねえねえ、島工作君、ちょっと教えて欲しいんだけど、半導体って半分電気を通すみたいに教えてもらったでしょう? でも、どういう事なのかいまだに良くわからないんだよね。導体が100通すなら半導体は50通すって感じ?」

「う~ん、半分電気を通すとは言ってないと思うよ。ある条件の時は通し、別の条件の時は通さないって事だよ。例えば温度が高くなれば通しやすくなるしね。大事なのは、それらの物性を利用して、不純物を入れた化合物半導体を作り、ゲート、ソース、ドレインのトランジスタを作り、それを集積してICを作ったって事だよ」

「ふーん。そうなの。・・・結局よく分からないじゃん」

島工作君の説明は、頭よすぎて良くわかりません。

「舞衣子が知っているべきなのは、半導体であるシリコンを使ってICができてるって事でいいんじゃないか?」

「ええっ、なんか、工作ったら私を馬鹿にしてる感あるぅ。心理学科卒だって、半導体営業課配属だからね!」

そこへ、トム君が割り込んできました。

「舞衣子さあ、今日で半導体事業部での実習も終わりだろ? 来週から半導体営業課で仕事なんだから、結構キツくなるかも知れないじゃん? せめて今夜はさあ、ぱーっと飲みに行こうぜ。半分通すか、ある条件で通すかは、まあいいよ。要はそれでICができてるって事だ。 You see?」

「あのねえトム君、それで私が IC とか言えばいいわけ?」

「うわ、なんで分かったの?」

「トム君、東大卒にしてはギャグのレベル低すぎじゃない?」

「や、その・・・、問題は今日は花金なんだから、ビール行こうよ、って事だよ(汗)」

「ま、いいわ。でも、どっしよっかなあ。私ってモテモテでしょ?(うふ)。検査課の係長たちから誘われてんだよね。軽く送別会してあげるよって」

「え、そんな話聞いてないよ。なあ、工作」

「いや、俺も誘われてる」

「え、工作も誘われてんの? 知らないの俺だけ?」

「トム、人生は谷あり谷ありだぞ。おまえも強く生きろ、な」

「マジかよ、工作。ショックだよ俺。俺だけハブられてんのかよ。涙~!」

(注:1980年当時、マジとかハブるなどの言葉はありませんでしたが、話の流れはそんな感じで・・・)

「トム~、ゴメンな~。実習生3人を代表して俺と舞衣子の二人で行ってくるよ。じゃな」

「ひどいよ、工作、うっうっうっ・・・」

 

最初はふざけ気味だったトム君のうっうっうっ・・・が次第に半分ホントっぽくなってきてしまったので、とうとう私はトム君に言ってあげたのです。

「トム君、ゴメンゴメン。工作君と二人であなたをちょっとからかってしまいました」

「え、どういう事なの舞衣子?うっうっうっ・・・」

「トム君にも声かけといてって係長から言われてるの」

「え、ホント?」

「悪かったな、トム。舞衣子がからかい始めたので、俺も調子を合わせてしまったのだよ」

「え、そういう事なの、工作キュン?」

「ああ、そういう事だよ。うふふ」

「人が悪いんじゃないでしょうか、二人とも。プンプン!」

「ごめんね、トム君。私がトム君を置いて行く訳ないでしょう?」

「ええ、舞衣子ひゃあん、ぼくも行っていいの?」

「勿論ですわよ」

「ホント?」

「ええ」

「じゃ、行きます。トムまりお、ご一緒させて頂きます! ビール頂きます!」

 

この人は本当に東大を卒業したのだろうか、といつも不思議に思いますが、まあこの会社に同期入社したのですし、人事に成績証明書も出してるはずだし、学歴詐称とかではないのでしょう。間違って入って間違って出た、とでもいうのでしょうか。まあ、憎めない同期です(笑)。そこそこ、イケメンですし・・・。

 

この続きはまた次回。

 

第3話に戻る

第5話につづく