介護の隙間から(12) インターネット接続と介護保険適用

昨日の投稿でようやく「認知症老人徘徊感知器」にカメラ(イメージセンサ)を利用する事例がでてきました。もともとこの辺を調べようという意図があったので、ようやく第11回にてそこに辿りついたか、と思います。しかし、当然、他社にもそのような製品はあるのです。また、ご存知のとおり単なるWebカメラのような製品は多数あり、価格もこなれています。実際は介護用途に使われている(しかし介護保険適用にはならない)Webカメラもままあるのではないでしょうか。その辺を考えると第1回第2回あたりでちょっと調べた介護保険の適用について少し立ち止まって調べておいた方が良い気がしてきました。

“介護の隙間から(12) インターネット接続と介護保険適用” の続きを読む

介護の隙間から(11) ちょっと声かけて

今回は、ちょっとユニークなシステム1件と、あんな会社も「認知症老人徘徊感知器」に取り組んでいたのだと、ちょっと意外だった2件を取り上げさせていただきます。介護とセンシング、調べれば調べるほど奥が深い。

“介護の隙間から(11) ちょっと声かけて” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(6) Analog Devices、一味違うレガシーコア

次々と検証?される「Armのお供にレガシー8051説」ですが、本日取り上げさせていただくのは、アナログ半導体会社の最右翼といってよいでしょうAnalog Devices社です。ご存知ない方に申し上げておきますと、アナログといっても出入り口だけがアナログで、内部の処理はデジタルという信号処理システムは現在とても多いのです。Analog Devices社(以降アナデバと勝手に省略させていただきます)は、そんなデジタル信号処理にもぬかりはありません。

“鳥なき里のマイコン屋(6) Analog Devices、一味違うレガシーコア” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(5) Arm Cortex-Mのおさらい

「Armのお供に8051説」を唱えて以来、快調?にArmコアと8051コアの両方をMCUに採用している各社を経めぐっています。しかし、その度出てくるArm Cortex-M0とか、M3とか、M4とかArmコアにもいろいろあって分けが分からない。そこで今回はちょっと立ち止まって、MCU向けのArmコアのおさらいをしておきたいと思います。

“鳥なき里のマイコン屋(5) Arm Cortex-Mのおさらい” の続きを読む

部品屋根性(2) HDMIケーブルを延長?

WiFiとか、プラチナバンドとか言葉が出てくる無線は、見えないけれど一般にもプレゼンスは大きいと思います。それに比べると、各家庭に光ファイバが通って久しいわりには、オプト系つまり光を使って通信する場合に用いる各種の電子デバイス(光学系もふくみます)のコンシュマーに対するプレゼンスは大きいようには見えません。この頃(といって何時からなのか、20年前のこともこの頃といってしまう今日この頃)、市場的にも非常に大きくなっているにも関わらずです。データセンタとかスパコンとか、高い光ファイバの束がごっそり通っているような場所もままありますが、普通に目にするものでもないからでしょう。とは言え、今この文字入力もどこかで光ファイバを通じてサーバに至っている筈。なにか光ファイバのご利益が目に見えるような身近なアプリはないかいな、ということでちょっと調べてみました。

“部品屋根性(2) HDMIケーブルを延長?” の続きを読む

介護の隙間から(10) バイタルセンサ再び

ちょっとのつもりで調べ始めたものの、今や「徘徊感知機器のラビリンス」に取り込められた感がある今日このごろです。調べていくと次々と現れるシステムは予想を超えたユニークさです。単に物理量を測定すれば良いセンシングシステムであれば、多分これほどの多様性は成立しないんじゃないかと思います。人を測るというよりは、人をケアするという目的が、多様なシステムの存在を生み出しているのかと。今日もまた、3社のシステムを調べます。

“介護の隙間から(10) バイタルセンサ再び” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(4) Cypressいつの間に

快調に仮説検証がつづいている「ARMのお供に8051説」です(そういう会社ばかり取り上げているのだろ~と言われると返す言葉もありませんが)。そんな中、本日とりあげるのは、Cypress Semiconductor社のMCUです。CypressのMCUと言えばユニークなアナログを搭載したPSoCという頭でいたのですが、その頭は古い頭でした。ちょっとびっくり。まあ、当然といえば当然なのですが。

“鳥なき里のマイコン屋(4) Cypressいつの間に” の続きを読む

介護の隙間から(9) 徘徊感知機器の源流

現在、電子デバイスを使った徘徊感知機器というのは数百種類以上は存在すると推定できます。介護保険適用の装置についてはその登録を調べれば列挙できないこともない(しかし全てが売られているとは限りますまい。電子デバイス屋的言葉で「ディスコン」とか「EOL」もある筈)ですが、施設用の装置については「一品料理」的な装置も多数存在すると思われるのでその数を数えあげることはなかなかできないでしょう。本日は、それら装置の源流はどのあたりにあったのかを探ってみたいと思います。

“介護の隙間から(9) 徘徊感知機器の源流” の続きを読む

バイタルセンシング(1) 脈拍を測るセンサ

昨日、介護テーマで非接触のバイタルセンサで呼吸や脈拍がとれるぞ、と書かせていただきました。書きながら、脈拍を測定する方法、今書いている方法以外にも、結構いろいろあるよな~、と思い出していました。そこで本日は、介護からは離れて脈拍をとるためのセンサを取り上げます。ただし、大人のお約束ということで、取り上げるのは一般消費者が購入できるようなタイプといたしました。

“バイタルセンシング(1) 脈拍を測るセンサ” の続きを読む

介護の隙間から(8) バイタルセンサ、徘徊検知だけじゃ勿体ない

今回注目するのは、バイタルセンサー(脈や呼吸といった生体特有の情報をセンスするセンサ)を用いた見守りシステムです。どうも荷重センサとか無線タグとかばかり考えていると、計測の対象は人間様なのだ、ということを忘れそうになります(私の個人的な反省です。実際に販売されている各社の人々は忘れることはないでしょう。)。人をケアするのが目的、あまりセンシング、センシングとはいいますまい。けれど本当のところ、MCUの方でSiLabs社調べていたときに、脈拍センサ(こちらはオーソドックスなLED使った接触型)を見つけ、そういえば徘徊検知分野でも、バイタルセンサを使っている会社さんがあった、それも特小無線使った非接触のタイプだった、と思い出したのが今回の入口です。

“介護の隙間から(8) バイタルセンサ、徘徊検知だけじゃ勿体ない” の続きを読む