鳥なき里のマイコン屋(150) K210、MAiX-BiT、C/C++で恒例Lチカ

MAiX_BiT_Blink_EC
Joseph Halfmoon

前回ボード入手のKendryte、K210についてC/C++で恒例Lチカをしてみたいと思います。以前はK210についてはMAiX PyというMicroPython環境ばかりでしたが、C/C++でも環境が整ってきたようで随分使えるようになっていました。ビルドに使う環境はWindows PC上の VSCode + PlatformIO です。

“鳥なき里のマイコン屋(150) K210、MAiX-BiT、C/C++で恒例Lチカ” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(149) K210、64bit RISC-V、MAiX-BiT到着

ESP_EYE_MAiX_BiT_M5STICK_V
Joseph Halfmoon

上のアイキャッチ画像に掲げましたのは、左からESP-EYE、MAiX-BiT、M5STICK-VのエッジAI用マイコン3機種であります。いずれもカメラで画像を取得し、認識させるような用途を狙っています。今回手に入れたのは真ん中のMAiX-BIT(マイク付版)です。お求めやすいお値段(次機種が出そうだからか?)に惹かれて。

“鳥なき里のマイコン屋(149) K210、64bit RISC-V、MAiX-BiT到着” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(148) SAMD21マイコン搭載、Seeeduino XIAO到着

SeeeduinoXIAO
Joseph Halfmoon

別シリーズで周辺回路をプログラムしていて Microchip社(元はAtmel)のSAMシリーズに関心を持ちました。ついてはファミリ製品にも幅を広げるべく、今回SAMD21マイコン搭載の小型マイコンボード購入。半田付けを始める前に、Microchip社の32ビットMCUのラインナップの中でのSAMD21の位置づけについて調査をばいたしました。

“鳥なき里のマイコン屋(148) SAMD21マイコン搭載、Seeeduino XIAO到着” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(147) ラズパイPico、C/C++SDK、マルチコアで割り込み2

MULT_INTR_EC
Joseph Halfmoon

前回、マルチコアの両方にGPIO割り込みを入れてみましたが、割り込み受付後のタイマ処理が上手く行きませんでした。暫定対策したものの、実はそれもダメダメでした。今回はタイマ処理が上手く行かなかった理由を調査。対策打って「安定して動いている」ように「今のところ」見えているところまでやってみました。継続試験中。

“鳥なき里のマイコン屋(147) ラズパイPico、C/C++SDK、マルチコアで割り込み2” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(146) ラズパイPico、C/C++SDK、マルチコアで割り込み1

MULTI_GPIO_INTR_DUT
Joseph Halfmoon

折角2コア積んでいるラズパイPicoなのに、大分前にちょっと2コアで動かしただけでした。これでは宝の持ち腐れです。無理にでも2コア使う方針といたしました。ま、動かしてみないと身に染みないこともあるっと。今回は2コアで外部端子からの割り込みを受けてみました。早速のお間抜けあり。

“鳥なき里のマイコン屋(146) ラズパイPico、C/C++SDK、マルチコアで割り込み1” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(145) ラズパイPico、C/C++SDKでDMAを使ってみる

PicoDMA_DUT_EC
Joseph Halfmoon

今回はラズパイPicoのDMAC(Direct Memory Access Controller)を使ってみるために、前回の母艦PCのArduino環境から母艦ラズパイ4のC/C++SDK環境に戻ってまいりました。とりあえず最低線ということでソフトウエアトリガのメモリ間転送をやってみたのですが、ラズパイPicoのSDK楽です(別シリーズでやったDMAC実験に比べ。) “鳥なき里のマイコン屋(145) ラズパイPico、C/C++SDKでDMAを使ってみる” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(144) ラズパイPico、Arduino環境で外付けRTC接続

RPi_RTC4543_DUT
Joseph Halfmoon

前回、PlatformIOがいつの間にかラズパイPicoのRP2040に対応(Arduinoプラットフォームのみ)していたので吉例のLチカでその動作を確認しました。今回は、外付けのRTCからカレンダ時刻を読み込んで「使えるじゃん」と納得する、と。普通にArduinoのつもりでプログラムできる感じなのでSDKに比べると大分敷居が下がった感じもします。個人の好みだけれども。

“鳥なき里のマイコン屋(144) ラズパイPico、Arduino環境で外付けRTC接続” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(143) ラズパイPico、PlatformIOでArduino

Wiz000
Joseph Halfmoon

半年くらい前にはラズパイPicoに対応していなかった筈のPlatformIOが「Arduinoプラットフォーム」でPico対応をしていました。自分では何もしていないのですが、PC上でラズパイPicoのオブジェクトを生成できるようになってました。ボーっとして生きていても「自動で」世間の変化に追従できる?ありがたし。 “鳥なき里のマイコン屋(143) ラズパイPico、PlatformIOでArduino” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(142) ラズパイPico、SDKでUart入出力

uartTest_EC
Joseph Halfmoon

以前、ラズパイPico上のMicroPythonでUart通信を行ったことはあったのですが、C/C++SDKではstdoutの出力先としての利用ばかりでした。今回C/C++SDKでも双方向の通信をやりたかったのでちょっと実験してみました。そして、長らく誤解してきたことにも気づきました。

“鳥なき里のマイコン屋(142) ラズパイPico、SDKでUart入出力” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(141) ラズパイPico、ハードウエア割り算器の利用

DividerEC
Joseph Halfmoon

前回は浮動小数点数の計算でしたが、今回は整数の割り算です。組み込みMCUのプログラマには「割り算は避ける」習性が刷り込まれています(個人の感想です。)せいぜい2のべき乗の割り算に帰着させて右シフトで逃げます。しかしラズパイPicoでは割り算、あまり苦になりません。ハードウエアの割り算器を搭載。

“鳥なき里のマイコン屋(141) ラズパイPico、ハードウエア割り算器の利用” の続きを読む