ぐだぐだ低レベルプログラミング(31) RISC-V、ADDとSUBも凸凹じゃけんの

AddSub_EC
Joseph Halfmoon

前回は、論理演算 and命令を使って、オペランドによって生成される命令がRV32Iだったり、RV32Cになったりするのを目にしました。今回は算術演算 add と sub です。RISC-Vに「直交的な」エンコーディングを想像してはなりませぬ。今回は2つの命令の「割り切った」関係を観察したいと思います。割り算じゃないけど。

“ぐだぐだ低レベルプログラミング(31) RISC-V、ADDとSUBも凸凹じゃけんの” の続きを読む

鳥なき里のマイコン屋(139) ラズパイPico、内蔵ADCから外付けDACへ「スルー」

RPicoAD2DA_EC
Joseph Halfmoon

前回は、ラズパイPicoにI2C接続の外付けのDAC、MCP4725を接続してノコギリ波など出力させてみました。今回はラズパイPicoの内蔵ADCで得たアナログ値をそのまま外付けDACに「転送」してアナログ波形を「再現」してみます。ぶっちゃけSTM32で昨日やった件のまねっこ。タイミングの取り方が異なるし、外付けDACは転送ネックだし、どうなることか。

“鳥なき里のマイコン屋(139) ラズパイPico、内蔵ADCから外付けDACへ「スルー」” の続きを読む

ソフトな忘却力(4) 自動生成のCMakeLists.txtを改造して「自分の」にする

vscode_EC
Joseph Halfmoon

前回はVS Code拡張 ”CMake Tools” のクイックスタートを使ってみました。これでとりあえず空のディレクトリを「CMakeできる」ようにしてくれた、と。ここを出発点に自分でCMakeLists.txtを書き換えて「お好み」な感じにしてみます。CMake Tools自体、設定すればいろいろやってくれそうではあるのですが、CMakeのお勉強かねて直接。

“ソフトな忘却力(4) 自動生成のCMakeLists.txtを改造して「自分の」にする” の続きを読む

手習ひデジタル信号処理(2) ADからDA、割り込み方式、STM32のハードの裏とり?

STM32_AFE
Joseph Halfmoon

前回はADからDAへの「垂れ流し」ポーリング方式を勉強させていただきました。今回は割り込み方式です。そんな悠長に刻んでいたら死ぬまでに読み終わらない、とも思ったのですが、ちょっと立ち止まってSTM32F446REのハードを確認しておくことにいたしました。ロウレベルなところが気になると夜も眠れませぬ。

“手習ひデジタル信号処理(2) ADからDA、割り込み方式、STM32のハードの裏とり?” の続きを読む

AIの片隅で(25) ESP-EYE、ESP32+カメラとマイク、とりあえず写真を一枚

ESP-EYE_working
Joseph Halfmoon

Espressif製の「AIoT」開発ボード、ESP-EYEを入手いたしました。ぶっちゃけESP32のDevkitに、カメラとマイクを搭載した小型ボードという感じです。売りは “Voice Wake-up” と “Face Recognition” です。今回は出荷時状態のまま、電源入れて、一声かけて?カメラを起動、写真を1枚キャプチャしてみました。私の中国語通じちゃう?

“AIの片隅で(25) ESP-EYE、ESP32+カメラとマイク、とりあえず写真を一枚” の続きを読む

忘却の微分方程式(15) 因数分解、方程式、MathematicaとMaxima

quadraticEquaton_Wolf_EC
Joseph Halfmoon

今回は、代数、といっても式の入力と、方程式の根をもとめる方法の入り口付近をなでてみます。これだけでも十分便利だけれども。ただ、触っていると裏側に隠れている恐ろし気なもの、というか、衣の下の鎧がみえる感じがします。まだまだ奥に進んだわけでないのだけれど。

“忘却の微分方程式(15) 因数分解、方程式、MathematicaとMaxima” の続きを読む

連載小説 第55回 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出

Maiko Yonbito
Momoe Sakurada
ペンネーム
桜田モモエ

<これまでのあらすじ>

サイコーエジソン株式会社の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。訳あって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを販売する米国現地法人のSS-Systemsへ赴任しちゃいました。食生活の変化で私の見事な肉体は更に水平方向へ成長しつつも、同期の工作君とトム君とも一緒に毎日忙しくやっています。Appleの青井倫吾郎さんとは、メキシコ料理の情熱ナイトを経て、ステキな進展が? “連載小説 第55回 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出” の続きを読む

お手軽ツールで今更学ぶアナログ(58) R-2RラダーとOP27でDAC

R2R_OP27_EC
Joseph Halfmoon

「アナデバ社(ADI社)のWeb記事『StudentZone』を初回からすべて読む」も、とうとう2019年6月号です。ここからツールが切り替わりADALM2000が登場します。今回はADALM2000のご紹介の回みたいですが、ちゃんと実験があります。R-2Rラダーで作るDACです。しかしADALM2000無いのに実験大丈夫か?

“お手軽ツールで今更学ぶアナログ(58) R-2RラダーとOP27でDAC” の続きを読む

MicroPython的午睡(44) MQTTでJSON-OBJ送信、M5ATOMLite

uJsonFlow
Joseph Halfmoon

前回 MQTT Subscribe ができたので、MicroPythonで動いているM5ATOM LiteとNode-REDを動かしているRaspberry Pi 3機で上り下りの通信がOKとなりました。今回は、通信内容をJSON化して後で拡張しやすいようにしてみたいと思います。まずはPublish側から。使用するMicroPythonモジュールはujsonです。

“MicroPython的午睡(44) MQTTでJSON-OBJ送信、M5ATOMLite” の続きを読む

ブロックを積みながら(37) Node-RED、何でもあり?Functionノード、その1

FunctionNodeEC
Joseph Halfmoon

前回はInjectとDebugノードでした。今回は「コア」ノードの中でも、「何でもありそうで」とても1回で覚えきれそうにないFunctionノードを使用してみたいと思います。以前から見よう見まねで使ってはいるのですが表面的。いろいろやってみたいと思うので今回は「その1」ということで。「その2」は他のノードも一巡した後でかな、何時やるんかい?

“ブロックを積みながら(37) Node-RED、何でもあり?Functionノード、その1” の続きを読む