Literature watch returns 投稿順 index

(1) 進化するSDR連載、トラ技、CQ出版 2014年に一度SDR(Software Defined Radio)の特集を掲載したトランジスタ技術誌。私も読ませていただいて非常に役立った特集です。が、再びSDRについて連載を開始、著者は2007年にCQ出版のデザインウエーブマガジンでSDR関係の記事を執筆されていた林氏です。流石に10年以上の年月が経ち、いろいろ進化している?技術も境地も?

(2) 進化するSDR連載 その2 トラ技、CQ出版 SDRには高速なアンチエイリアシング・フィルタとして用いられるCICフィルタがつきものですが、CICフィルタの日本語文献を検索すると必ずヒットしてくるのが、林氏です。新境地のCICフィルタは如何に?という感じか?

(3) 赤外線センサ講座完結、日経エレ、日経bp 赤外線センサ、分かっているようで分かってない、奥深い、この講座を読めば全貌が分かる?

(4) あなたの知らないモダンOSの世界、Interface 2019/5月号 マイコン用のモダンOSのあれこれを。モダンなマイコン開発には、モダンなOSが必須ですかね。

(5) ボイジャーに学ぶ無線特集、トラ技 2019年6月号    昔は遠く思えた宇宙も最近では近いのなんの。世の中進んだ?

(6) ヒューズでまる1冊 アナログウエアNo.9    ヒューズはね、切れたときには慌てふためくのだけれども、切れなければ皆忘れている。私もそうだった。

(7) ラズパイでAI、目白押し   やっぱりラズパイは人気者だあ、流行にも当然乗っている。エッジでAIにも勿論登場。

(8) Jetson Nano特集、トラ技2019年9月号  エッジでAI用の小型マイコンボードの一方の「旗手」。Nvidia社のJetson Nano。これ読めばよく分かる?

(9) 「世界のAIマイコン」特集、トラ技2019年11月号  マイコンというからにはエッジです。データセンターの奥深く、ラックにつまっている奴らとは違う。ま、お互い必要なんだが。

(10) 本当?「温度差不要の熱発電」日経エレ2019年10月号   熱電対の実物を始めて使ったのは大学の時だった。が「熱電対」は小学校から知っていた。「海底5万マイル」(ベルヌの「2万マイル」を買うつもりで間違えて買ったアダモフ<旧ソ連>本)の主電源だったから。そこで温度差ないところには電圧なし、と刷り込まれたのだったが。。。

(11) 下島著、『みんなのM5Stack入門』、リックテレコム   M5Stackにせよ、M5Stickにせよ、Arduino環境ではじめるなら必読かも。

(12) ESP32マイコン技術百科、インタフェース2020年1月号  いまや遍く世に蔓延りつつあるEspressif ESP32世界の全貌(多分どんどん拡大しているから、今年初めの、というべきか)

(13) STM32Fマイコン教科書、トラ技2020年3月号  ST社のSTM32マイコン、Armコア搭載MCUとしては王道じゃないかと思っていましたが、CQ出版社のタイトルみると「世界スタンダード!」とあります。そうかもね。

(14) TechNet Gallery Retirement  コロナ騒ぎの影でひっそりとリタイヤしたサイト。Good Bye!

(15) CPUはこうやって動いている、トランジスタ技術2020年5月号  アポロ宇宙船のコンピュータを模範に、ディスクリートのトランジスタから論理ゲートを作るところから始めて、コンピュータを作ると。新人さんへの論理回路の教育向け特集なんだと思いますが、MOSトランジスタを並べて設計していた年寄りにはぐっとくる。

(16) トラ技2020年5月号付録基板 前回発注した部品がとどいた。年寄り(老眼)に1608。大きさよりも3S大事か。

(17) 技術部ならわかるアナログコンピュータ 第1弾ラブサーキット編 懐かしのアナログコンピュータ(とはいっても本物に触ったことは1度だけなのだけれど)、今ならできる?

(18) MAiX MAniaX、aNo研[著] RISC-V搭載AIアクセラレータを積んだSoC、Kendryte K210使うなら必携?