IoT何をいまさら(94) ATSAMD51、ArmのWFI命令使ってみた

WioTerminal_WFI_DUT
Joseph Halfmoon

前回『初回が0なのはプログラムの仕様<バグともいう>です。』など勝手なことを書いて「逃げて」しまいました、すみません。今回はバグ修正版? ArmのWFI(Wait for Interrupt)命令を使って、割り込みが発生するまで「低消費電力で」待ちを入れたいと思います。まあこれとても根本的な対策ではないのでありますが。

“IoT何をいまさら(94) ATSAMD51、ArmのWFI命令使ってみた” の続きを読む

IoT何をいまさら(93) ATSAMD51、内蔵ペリフェラルの割り込み受け

TRNG Interrupt Handler
Joseph Halfmoon

前回に続き、Microchip社ATSAMD51マイコンをローレベル(ハードに近いレベル)でプログラムしていきたいと思います。今回は内蔵ペリフェラルの発生する割り込みの受けです。「割り込み源」としては前回使用してみたTRNG(真性乱数ジェネレータ)を使います。今回は単なる割り込み源としての登場です。

“IoT何をいまさら(93) ATSAMD51、内蔵ペリフェラルの割り込み受け” の続きを読む

IoT何をいまさら(92) ATSAMD51、TRNG、「真性」乱数ジェネレータ

Joseph Halfmoon

近代的なマイコンの多くにはセキュリティ目的の周辺回路が含まれており、Microchip社ATSAMD51マイコンも例外ではありません。本日はその中からTRNG(True Random Number Generator)、真性乱数生成器を使ってみたいと思います。乱数素人なので乱数についてどうこうできるわけではないのですが。 “IoT何をいまさら(92) ATSAMD51、TRNG、「真性」乱数ジェネレータ” の続きを読む

IoT何をいまさら(91) ATSAMD51、CCL、極小のオンチップFPGA

CCL_EC
Joseph Halfmoon

最近のマイコンには従来のマイコンになかった周辺回路が搭載されているものがあります。Microchip社のATSAMD51マイコンに搭載されているCCL (Configurable Custom Logic)もそんな周辺の一つじゃないかと思います。これ、極小ながらオンチップのFPGAです。ただし、小さすぎるので用途は限られますが。 “IoT何をいまさら(91) ATSAMD51、CCL、極小のオンチップFPGA” の続きを読む

IoT何をいまさら(90) Wio Terminal、SAMD51、GCLK周波数リスト

EYC_GCLK2
Joseph Halfmoon

お手軽指向などといいつつ、基本面倒なことは後回し。以前に調べておけばよかったですが、今になってちょっと「速い」クロックが欲しい、ということで初期設定後のWio Terminal上で、どのようなクロック周波数が即使えるのか調べておくことにいたしました。前々回の周波数メータの応用であります。 “IoT何をいまさら(90) Wio Terminal、SAMD51、GCLK周波数リスト” の続きを読む

IoT何をいまさら(89) Wio Terminal、外部割込みとSAMD51 EIC

EIC_DUT
Joseph Halfmoon

前回までWio Terminal搭載のマイコンSAMD51の周辺回路を直接触ってきました。今回はArduino環境でもともと用意されている関数を使って割り込みを使用してみます。そしてそれら関数でどのようにSAMD51のEICが設定されているのか確認します。関数が用意されていない機能へのアクセスの準備ということで。 “IoT何をいまさら(89) Wio Terminal、外部割込みとSAMD51 EIC” の続きを読む

IoT何をいまさら(88) Wio Terminal、SAMD51周波数メータを使う

FREQM_DUT
Joseph Halfmoon

昨日ラズパイPico(RP2040)の周波数カウンタというものを使ってみました。同様な機能はSAMD51にも備わっています。こちらSAMD51での呼び方は Frequency Meter(FREQM)です。これを使い、外部端子から入力した信号の周波数を計測してみました。設定と適用の限界を見極めておれば、便利な機能であります。

“IoT何をいまさら(88) Wio Terminal、SAMD51周波数メータを使う” の続きを読む

IoT何をいまさら(87) Wio Terminal、SAMD51タイマの外部クロック駆動

WioTerminal_Timer_DUT
Joseph Halfmoon

MicroChip社のArmコアマイコン、SAMD51の周辺を直接プログラミングしてみています。前回はクロックジェネレータGCLK部分を調べてみました。そして内蔵発振器のクロックを外部端子に出力させて観察しました。今度はタイマ/カウンタを調べてみます。初回は外部端子に与えたクロックでカウンタ動作を行わせたいと思います。

“IoT何をいまさら(87) Wio Terminal、SAMD51タイマの外部クロック駆動” の続きを読む

IoT何をいまさら(86) Wio Terminal、SAMD51内蔵OSC信号を取り出す

OSC32DUT
Joseph Halfmoon

前回SAMD51マイコンの周辺回路に直接アクセスするための「定型句」を調べました。そして制御レジスタへのアクセスの門番的存在、PACを覗いてみました。今回はクロック関係の設定の一部を調べてみます。そして使っていないと思われる端子を使い、内蔵クロックを外部へ出力させて観察するところまでやってみたいと思います。

“IoT何をいまさら(86) Wio Terminal、SAMD51内蔵OSC信号を取り出す” の続きを読む

IoT何をいまさら(85) Wio Terminal、SAMD51の周辺に直接アクセス

WioTerm
Joseph Halfmoon

久しぶりのWio Terminalです。フレームワークはArduinoのままですが、今回からマイコンであるSAMD51P19Aの周辺機能を「ことさら」ダイレクトに操作して行きたいとおもいます。Armコアのマイコンとして大人気?のSAMDシリーズのお勉強を兼ねて。最終的にはIoTネタに落ち着かせる予定ですが、当分、開発環境やマイコンネタが続いてしまいますがご勘弁を。

“IoT何をいまさら(85) Wio Terminal、SAMD51の周辺に直接アクセス” の続きを読む