お手軽ツールで今更学ぶアナログ 投稿順index

(1) OP97のSlew Rateを測ってみる  見れば、Digilent社Analog Discovery 2は、Analog Devices社の学習ツールADALM2000と「ピンコンパチ」。微妙に仕様は違うけれども、多分、ADALM2000でやれる実験はAnalog Discovery 2でもできる。

(2) OP97をM1Kで動かしてみる OP97、普通の両電源のオペアンプらしい。両電源か、0Vから5V動作のADALM1000(M1K)じゃ動かせない?いや動かせました。

(3) ADALP2000 のオペアンプ共 購入してしまったAnalog Devices社の学習用部品キットADALP2000、アナデバ社のアナログICがザクザク?とりあえずどんなものがあるんだかオペアンプを並べてみた。

(4) AliceでFormula波形表示 Analog Devices ADALM1000(M1K)の制御ソフトAliceは、測定した電流やら電圧やらを演算した結果の波形も表示できまする。ま、やってみないとその辺の細かい技は身に沁みないのだ。

(5) 信号の影は何?Analog Discovery 2  表面実装のOPアンプをブレークアウトボードに半田ずけしながら、Digilent社のQ&A読んでいたら、そうではないかとずっと思っていたことが、やっぱりそうだった、と。

(6) Offsetを操作すると見やすい! M1K  M1Kで交流の有効電力、無効電力なんてものを測ろうというのですが、アナデバ様のエンジニア様の言うとおり、Offset欄をちょっといじるだけで、とっても見やすい。流石だ。

(7) Analog Discovery2でボード線図 M1Kでは測定周波数の上限に直ぐに達してしまう場合でも、Analog Discovery 2なら届く。AD8542、CMOS rail-to-railオペアンプの実力をOP97(普通のオペアンプ?)と比べてみる。

(8) M1Kでインピーダンス   M1Kの持つ「インピーダンスアナライザ」機能を使えば、300Ωフィーダ線の切れ端の特性インピーダンスが300Ωに見える?ちとね、短すぎたみたい。インダクタンス測定が駄目なんだわ、これが。

(9) インダクタンス測定再び 悔い改めて、こんどは測定対象の「大きさ」に配慮しつつ、測定方法を変えてみました。今回はOKっぽい?

(10) Milli-Ohm meter、定格電力! 20倍の差動増幅ができるAD8210をM1Kの先端にとりつけ、「ケルビン」式測定に取り組んだものの、使用した部品の定格を上回るところで使ってしまった。これはヤバイ。

(11) コイル巻いてみる  コイルを自分で巻いて、今回は、Analog Discovery2の「インピーダンスアナライザ」で測ってみる。多少の注意は必要だけれども、前2回に比べたら簡単、楽勝。

(12) AD22151 リニア出力磁界センサ お子様用の「よわよわ」の棒磁石を近づけて、遠ざけて、夏休みの工作?実験?

(13) AD22100, AD592 温度センサ  さすがアナログの権化のアナデバ様、温度センサも、電圧出力と電流出力と両方あり!

(14) TMP01 温度コントローラ 温度を測るだけではない!一歩進んで制御をするのじゃ、何を?

(15) QSD123、赤外線フォトトランジスタ QSD123、OP999と見た目そっくり、どっちがどっちだか、困った。

(16) アナデバ、フォトダイオード回路設計ウイザード これなら私でも「設計」できそうな気がする(といって何もやっていないのだけれど。。。)

(17) LTM8067、絶縁型 DCDCコンバータ 気付いてなかった、箱の中にはこんな使えるBOB基板も入っていたんだ。

(18) AD654、電圧/周波数コンバータ なかなかいいもんだと思うんですがね。残念、新規設計非推奨なのね。。。

(19) LT1790、マイクロパワーSOT23低損失リファレンス 2.048Vとか、4.096Vとか半端ね、と思っているんじゃないよ。

(20) LTC1799、SOT-23発振器  先週のは半田付けうまくいったんですが、今回はナナメった。でも動いているから、まあ、いいか。

(21) LT3090、低損失レギュレータ  抵抗1本で0Vから36Vまで設定できる一品。

(22) Zenerダイオードの闇?? 闇は中華部品キットばかりではなかった。お品書きと違うデバイスに見えますぜ。

(23) M1Kで特性測りましたっ 本日は、M1Kを使って特性を測り昨日の闇を完全に晴らす?と。

(24) 不詳ツエナーと2N3904でレギュレータ 今回は、LTSPICEのツエナーのところ、ちょっと学んだな。それにしても2N3904、3個じゃなくて5個。アナデバ様太っ腹?

(25) M1KとSpeakerで気付く えっ、この間まで何の問題もなく動作していたM1K-Aliceが不調。なぜ?原因は不明なんだが、いままで見過ごしていたことにも気付く。

(26) 100円スピーカの素性? スピーカは毎度グダグダだな。しかし100円ショップのスピーカにも技術の選択がある!

(27) BBC micro:bitのスピーカ駆動波形 例のスピーカ、micro:bitに取り付けて「喋らせて」みたのだけれど、どうやって発音させているのか?

(28) LM386使用スピーカアンプの特性 スピーカ、もっと鳴らすにはアンプがいるな。特性、測ってみてはいるのだけれど、やっぱりアンプの知識不足。オペアンプ大全、今度こそ読むか?

(29) OpAmp大全とAnalogDialogue アナデバ(ADI)社のAnalogDialogue誌、そこいらの広報誌とは違うのね。。。

(30) ADI社宿題、出来なかったら落第! 回路の中に「ネタ」が仕込んであるのよ、うふふ。

(31) スマホアプリで回路の宿題 スマホアプリで十分か?

(32) 今回はツール無、一気に4カ月分 紙と鉛筆(実は封筒の裏側にボールペン)

(33) ADI曰く、ノイズとは「忍耐」と見つけたり、らしい 抵抗=ノイズ、実は忍耐。

(34) レギュレータは役に立つ、ましてLDOならば こんど少しレギュレータを仕入れて置かないと。

(35) 課題は簡単。でも2頁じゃ何いっているか分からない 読むのも操作も簡単、でも使い方を理解するのは難しい。仮想評価ボードウェブツール。理解できないのは自分の知識不足じゃね、フン。

(36) 今度は2頁でも分かった気になる「計装アンプ」ツール 今度は設定簡単、見た目も分かり易い、そんな浮かれて大丈夫か、インストルメンテーション・あんぷりふぁいや、だぜ。

(37) アナログフィルタ・ウィザード、グラフを眺めていたい フィルタといってもアクティブだぜ。そんなに簡単?

(38) ADALM1000(M1K)とLTspice再起動 ようやく読み物記事を通過、待望のお手軽ツールを再起動。久しぶりだけどちゃんと動くの?

(39) ADALM1000、電流測定のオフセット? 前回の問題が早くも課題に影を落とす?まあ、なんとか「だましだまし」実習。そんなんで良いのか。

(40) ADALM1000、自己キャリブレーション半分失敗 AD584にお出まし願って実施。CH-AはOKなのにBがダメ、なして?

(41) ADALM1000(M1K)で重ねの理 線形だったらね、成り立つに決まっているのだ。遠い記憶。

(42) M1Kでテブナンの定理と最大電力伝送定理 ううむ、忍耐力ためされるう。

(43) M1KでRC回路の過渡応答を観察、ちゃんとやってね 基礎の繰り返しは大事だと思いつつも、だんだん飽きてきて注意力散漫、ちゃんとやってね自分。

(44) M1KでRL回路応答を観察、計算間違えるんじゃねえ 前回に続き、テンション低め、計算間違え、ぜんぜん「ちゃんとやって」無いじゃん!

(45) 「位相とは何か?」と問われて尚更グダグダとなる こないだからM1KのCH-Bが調子が悪い?そこに問いかけられて切れた?

(46) RLC回路の共振点の手動探索、とても疲れる 自動で測定できることが分かっているので、ことさら手動でやるの辛い。さらに細かくやれとか、別な定数でやり直せとか注文多すぎ。我慢が足りないぞ、自分。

(47) LC共振回路で、MATH、実は分かってない件発覚 M1KのAlice DesktopのMATH機能、何となく使える?と思っていたのだけれど、実は良く分かってないんじゃないの。

(48) 「ひつこいな」MATH再び、今度こそ憶えてね自分 第4回で分かった気になっていたんだけれど、もう一度復習(復讐)。

(49) 電力と力率、すみません専用電卓ソフトに頼りました 相変わらず根気なし、集中力なし。でも続けることに意義がある?ほんとか?

(50) 受動ローパス、ハイパス・フィルタに波乱なし 今回はなぜか淡泊でないかい?

(51) M1K不調につき代替測定、周波数補償の件 前回波乱なしなどというとるから、バチがあたったね。でもま、オシロのアレはよく分かった気がする。本当?

(52) ボーデ線図は描けたけれど。バンドパスフィルタ 単なるタイポ、それとも深~い慮り?

(53) 当然のバンドストップフィルタ、今回も恐れ多いが。。 結局、前回と今回2回について式が入れ替わっていた(今はほぼ直っているけれど)のではないかと。

(54) 今度はカスケードなRCローパスフィルタ SPICEかけるとね、もう全部できた気になっちゃう。でも部品はよく虫眼鏡で見ないと。

(55) M1K復活?のAlice インピーダンスアナライザ 最近不調だったM1K、キャリブレーション値を初期化したら復活した?とりあえずインペーダンス測定はできているみたいだべ。

(56) スピーカのインピーダンス測定、再び スピーカを下に向けたままボーデ線図とって驚いたお馬鹿さん

(57) ADALM1000の最後にオペアンプ AD8542  詰め込み教育?ゆとりはどこへ?

(58) R-2RラダーとOP27でDAC ADALM2000の代わりにAnalog Discovery 2なんだけれども、OK!ホントか?

(59) OP97、OP27、OP37ループゲインの測定 測定前からコイルの配線で覚束ないことこの上なし。再測定、やり直しか?

(60) ダイオード1N914で実験、詰め込み過ぎ その1 一気に実習詰め込み過ぎ。なんとか前半のチッこい回路だけやりました。後はまた今度ね。

(61) ダイオード1N914実験その2,ADTL082登場 実体配線図のブレークアウトボードのピン配、違うように思うのですが。どーもすいません。

(62) OP97、再び登場。いいんだよコマケーことは 度々細かいことに突っ込みいれて、どーもすいません。

(63) PN接合容量の件、1N4001整流ダイオード データシート記載のグラフとほぼほぼ一致、測れた気もするのだけれど、腑に落ちた感じがしない。。。

(64) ダイオード1N914の温特つかって温度をセンス 温度測っているとねえ、学生実験思い出してしまう。遥かな昔、年寄りの繰り言だな。

(65) ツエナーダイオード、過去投稿をかえりみる ちょうど1年ほど前、本件やっていたんだな。部品の特性が違う件。

(66) ダイオード接続BJTの電流電圧特性 ついに2020年分に到達、ついにバイポーラトランジスタ、でもダイオード接続なんだけれども。

(67) OP37でアナログコンパレータ4種、ヒステリシス 今回も「お恐れながら申し上げます」だな。