連載小説 4ビットAI内蔵 “詠人舞衣子” の思い出 投稿順index

連載小説 第1回 私の名は詠人舞衣子(よんびとまいこ)。4ビットマイコンが埋め込まれている女子です。4ビットなんかでAIになるか!とお叱りを受けるかも知れません。そうです、かなりポンコツです。しかし、エレクトロニクス産業の栄光は4ビットから始まりました。この世界で奮闘努力してきた私舞衣子と一緒に涙と笑いの時代を旅して下さいね。うふ(笑)

連載小説第2回 <これまでのあらすじ> 就活で地方の時計メーカー(上諏訪時計舎)に決まった詠人舞衣子(よんびとまいこ)。何故か4ビットマイコンが埋め込まれている早慶大学JD(女子大生)です。慣れ親しんだ東京を離れ、しかも心理学科卒バリバリ文系女子なのに、地方のメーカーなんかに就職して大丈夫? 舞衣子のチャレンジが始まります。

連載小説第3回  <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIが埋め込まれている新人OLです。早慶大心理学科卒文系女子なのに、半導体営業課に配属。半導体って何?の勉強から舞衣子のチャレンジが始まります。因みに同じ課に配属された同期の4人は結構イケメンでした。それってラッキー?

連載小説第4回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIが埋め込まれている新人OLです。早慶大心理学科卒文系女子なのに、半導体営業課に配属。半導体事業部検査課での工場実習を終えようとしている舞衣子と、同期の島工作君とトム君でしたが、舞衣子はいまだに「半導体って半分電気通すの?」状態です。

連載小説第5回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIが埋め込まれている新人OLです。心理学科卒文系女子なのに、半導体営業課に配属。新人研修を終え、いよいよ営業部に勤務です。早速営業の第一線へ!っなんて、そんな甘くないか。

連載小説第6回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAI内蔵の新人OLです。心理学科卒文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。どうやら、この会社は4ビットマイコンを開発中らしいです。

連載小説第7回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIを内蔵している新人OLです。心理学科卒の文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。どうやら、この会社は4ビットマイコンを開発中らしいです。時代は1980年、ゲームウォッチが流行り始めた頃でした。

連載小説第8回 <これまでのあらすじ>1980年に上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIを内蔵している新人OLです。心理学科卒の文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。4ビットマイコンを売り始めました。家電もゲーム機も電子化が進み、多くの機器にICが使われるようになっていった頃です。

連載小説第9回 <これまでのあらすじ>1980年に上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒の文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。4ビットマイコンを売り始めました。家電もゲーム機も電子化が進み、多くの機器にICが使われるようになっていった頃です。

連載小説第10回 <これまでのあらすじ>1980年に上諏訪時計舎に就職した詠人舞衣子(よんびとまいこ)。わけあって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒の文系女子なのに、半導体営業課マイコンチームに配属。4ビットマイコンを売り始めました。家電もゲーム機も電子化が進み、多くの機器にICが使われるようになっていった頃です。

連載小説第11回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎4年目、IC営業部の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。訳あって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っています。マイコン販売担当から海外営業担当へと華麗なる転身(?)をしたところです。

連載小説第12回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎4年目、IC営業部の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。わけあって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っています。海外営業課アメリカ担当。海の向こうには気になる島工作君が赴任中。

連載小説第13回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎5年目のIC営業部海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。ちょっとわけあって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っていますよ。海外はアメリカ担当。海の向こうには気になる島工作君が赴任中。オフィスの隣の机にはトム君が・・・。

連載小説第14回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎6年目のIC営業部海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っていますよ。海外はアメリカ担当。海の向こうに赴任中のイケメン島工作君は、みんなに人気のみゆチャンと結婚しちゃいました。オフィスの隣の机には同期のトム君が座っていますが、イマイチおちゃらけ者です(笑)。

連載小説第15回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎6年目のIC営業部海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っていますよ。海外はアメリカ担当。海の向こうに赴任中のイケメン島工作君は、みんなに人気のみゆチャンと結婚しちゃいました。オフィスの隣の机には同期のトム君が座っていますが、イマイチおちゃらけ者です(笑)。最近、トム君にも何やら不穏な動きが・・・。

連載小説第16回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎6年目のIC営業部海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っているんです。同期のイケメン島工作君もオチャラケ富夢まりお君も、私との恋愛スイッチをオンしないまま、別のトランジスタを形成してしまいました。ちょっと残念だけど、ま、仕方ないですね。私もそろそろ恋しちゃおっかな(うふ)。

連載小説第17回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎6年目のIC営業部海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを売っているんですよ。同期のイケメン島工作君もオチャラケ富夢まりお君も、私との恋愛スイッチをオンしないまま、別のトランジスタを形成してオンしちゃいました。ちょっと残念だけど、ま、仕方ないですね。私もそろそろ恋しちゃおっかな(うふ)。

連載小説第18回 <これまでのあらすじ>上諏訪時計舎あらためサイコーエジソン株式会社7年目のIC営業部海外営業課の詠人舞衣子(よんびとまいこ)です。わけあって4ビットAIを内蔵しています。心理学科卒文系女子ながら先端技術製品のICを海外に売っているんですよ。時代はバブルへGo ! ってな感じなので、時にはボディコンも着てたんです(うふ)。

連載小説第19回 時はバブル、そして日米半導体摩擦(若者知らないか?)通産省(当時)に呼ばれてしまった舞衣子さん、どうする!?

連載小説第20回 人事制度について議論?していたら突然の雷鳴、そして停電。どうする(どうなる)舞衣子さん!

連載小説第21回 なつかしい?表計算ソフトで馬鹿話。でも、停電大丈夫なの?

連載小説第22回 「私だって、負けないぞー!」と舞衣子さん。時代はいまだLotus123(あなたは知らない世代?)

連載小説第23回 舞衣子主任殿じゃ。マイコ・ザ・グレート問題勃発?

連載小説第24回 この連載大河小説ももう24回。そういう意味ではスーパー? ようやく1986年、入社7年目、主任試験も終わったというのに、まだ24回。そろそろ次の年にいってもいい頃ではないかという議論もあるのですが、次の年にいくととうとう。。。ちょっと焦っている?舞衣子さん

連載小説第25回 FPGAってアウトドア商品? つい教養が滲み出てしまった?舞衣子さん。日本の半導体産業の枯盛衰とともに生きてきた私ですから。

連載小説第26回 ぴえん な舞衣子さん(注:ぴえんという言葉は2020年頃にのみ使われた女子用語で…)

連載小説第27回 「もう納期調整だけの人生はイヤになってきたよ」とトム君。シリコンサイクルと私。

連載小説第28回 日本と世界の半導体や電子産業の光と影を壮大に語る大河小説のはずでしたが、まあ、こんな日もあるのでしょう、と舞衣子さん。

連載小説第29回 ゼニナイ?社、グラフィックICのベンチャーはお金が足りなかった

連載小説第30回 人生の転機か、舞衣子さん。しかし忍び寄るクパチーノの影?

連載小説第31回 マッチング?舞衣子さん。クパチーノの男登場?

連載小説第32回 私って薄倖の女

連載小説第33回 激動の1989年?シリコンバレーへ赴任。お楽しみはこれからだ?

連載小説第34回 舞衣子さん、米国赴任第一日目。まずは食い気?

連載小説第35回 男社会?当時の赴任事情。

連載小説第36回 当時の赴任事情つづき。ウキウキ?

連載小説第37回 乾燥したシリコンバレー、温泉が懐かしい?けれど無敵の?舞衣子さん。

連載小説第38回 半導体業界の栄枯盛衰を描く筈が、今回もお遊び?舞衣子さん。

連載小説第39回 食べるのも仕事のうち!でも太った?舞衣子さん

連載小説第40回 米国で成長を続ける?舞衣子さん。水平方向にも?

連載小説第41回 記憶喪失?まさかの2分前から?何言っちゃたの?舞衣子さん。

連載小説第42回 一読者として気になります。そんなにご飯食べてばかりでいいの?舞衣子さん。

連載小説第43回 すれ違い?これって運命?舞衣子さん。そのころ携帯電話があったらば。

連載小説第44回 TelexにFax、復帰復帰改行改行!と舞衣子さん。

連載小説第45回 世間は狭い!と舞衣子さん。でもどうしたら。。。

連載小説第46回 お味噌売り場で進展?舞衣子さん。46回だし?

連載小説第47回 絶好調?舞衣子さん。波乱万丈の幕開け?

連載小説第48回 舞衣子さん。そんなにモグモグしていて大丈夫?

連載小説第49回 舞衣子さん。日本半導体産業の光と影を描くはずがグルメ小説化?

連載小説第50回 No gingerって慣用句?なんだ親父ギャクじゃん。1990年が暮れていく、と舞衣子さん。

連載小説第51回 バブル崩壊。といってもまだホンワカな新年、舞衣子さん。

連載小説第52回 アメリカで感じたザワザワ感、でも絶好調、舞衣子さん。

連載小説第53回 祝進展!舞衣子さん。テキーラ、ショットで飲みたし。

連載小説第54回 「半導体の受注が多くて嬉しい悲鳴をあげていた頃の事。」最近の話じゃないです、日本半導体の全盛期?の話ですよね、舞衣子さん。で何時の時代?

連載小説第55回 San Jose del Caboまで泳いでいく?と舞衣子さん。まだGoogle MapどころかGoogleも無い時代。

連載小説第56回 一つの時代の終わり?時にはメソメソしちゃう舞衣子さん。

連載小説第57回 「インテル入ってる?」ペドロスの “All you can eat” は危険? 舞衣子さん。

連載小説第58回 「老人と海」、「麗人と海」いやセニョール寿司だ!と舞衣子さん。

連載小説第59回 スゴいぞ、でも、ホントに大丈夫?と舞衣子さん。

連載小説第60回 あれよ、あれ、と舞衣子さん。

連載小説第61回 暫くあとに。。。気になりますぜ、舞衣子さん

連載小説第62回 衝撃の告白?思わぬ展開、舞衣子さん、編集者も想定外でしたぜ。

連載小説第63回 『人生って不思議なものですね』と舞衣子さん。

連載小説第64回 倫ちゃんからのプロポーズに”マンモスうれピー”舞衣子さん。しかし、半導体ロットアウトの怪しい影が忍び寄る

連載小説第65回 婚約中から人妻に昇格?舞衣子さん。新婚旅行を兼ねてクリスマス休暇。

連載小説第66回 新婚旅行から戻った舞衣子さん。Faxと電話で納期調整?

連載小説第67回 日本半導体の「ほぼほぼ」全盛期、余裕の女王様と家来?時は1992年頃。

連載小説第68回 世界を股にかけた品質問題勃発?その裏に日本半導体のリアクション芸体質?その時は気づいていない舞衣子さん。

連載小説第69回 昭和か?って、いやもう平成4年だし。懐かしのキャンディーズ?

連載小説第70回 何だかほっこりする1992年の暮れでした。

連載小説第71回 当時はまだまだイケるでしょ。でも以下から思えば転換期でした、と舞衣子さん。

連載小説第72回 「同情するなら金をくれ!」でも「同情なんかしないし、金もくれない」当時の半導体業界。凋落が決定的になった後になってようやく同情したのか、お膝元の日本政府でしたがそれはずっと先の話。

連載小説第73回 「パソコンがカードの大きさになっちゃうらしいんだよ」「そんなに小さくなる訳ないじゃない。何バカなこと言ってんのよ」、時代はまだ携帯普及以前。

連載小説第74回 期待の新製品カードPC登場に沸き立つ現地営業諸君、でも使い道分かってなかったのね?インテル入っているけど386、Windowsは3.1の時代。

連載小説第75回 カードPCにはIntel入ってるのです。386ですね。Windows3.1で動くのですね。もう歴史ですね。うふっ。我々がスゴい人たちと対等に渡り合っていた(と錯覚していた?)頃のお話です。

連載小説第76回 バブルはじけて3年。でもまだまだ半導体業界は好調。今年のセールスカンファレンスはハワイ。舞衣子さん、重要使命を帯びてハワイ潜入?

連載小説第77回 「悪かったわね、2年以上も人妻で」「なんて無意味な会話をしているのかしら。さっきから、話してる内容が無いよぅ。」シリコンバレーの現地法人SS-Systems設立10周年記念。まだまだ半導体事業も絶好調です。

連載小説第78回 ミル・マスカラスに本場で会えるなんで最高でしょ?え、ミル・マスカラス、ご存知ない?プロレスファンなら知ってるはずです。千の顔を持つ男ですけどね。ま、いいや。さすが、大河小説、それにしても、いまだに、Windows95に到達しません。

連載小説第79回 1994年といえばどんな年だったでしょうか。Windows95が出る前の年(笑)?SS-SystemsでもISO9000始まりました。責任者はマリアさんだけれども「役に立ちそうな事はできるだけ何でもやります」的なリエゾン部門方針に従って舞衣子さんもサポート、大丈夫。

連載小説第80回 当たって砕けろでしょうか。でも当たって砕けちゃうといけないので砕けないようにして結果を出す方がいいですかねと舞衣子さん。

連載小説第81回 ネットワークの時代がようやく到来。最初はメール。それでも感動したんだ当時は。太古の昔だなそれって?

連載小説第82回 舞衣子さん。Windows95ってそんなに出荷が遅れたんだっけか?わたしゃ夜中に並んで買いました。ちょっと寒かったような、よく覚えてないな。

連載小説第83回 舞衣子さんとチーバ君、顧客情報を掴むのに苦戦。分厚くて炭水化物満載のピッツァには満足したよ、と舞衣子さん。

連載小説第84回 倫ちゃん舞衣子さん夫婦に転機?米国シリコンバレーから転じて、怒涛の欧州編?が始まる予感。